TABLOとは?

「TABLO」というニュースサイトが創刊(リニューアル)致します。「タブロ」と読みます。

 ミリオン出版から出ていた、「BLACK・ザ・タブー」という雑誌があります。現代のベートーヴェンと言われた作曲家(のちに虚偽と発覚)佐村河内守さんをどの週刊誌よりも、胡散臭いと喝破した雑誌です。さらに、芸能スキャンダルなどを連発し、攻撃的な雑誌でした。が、惜しくも休刊となりました。「芸能界からの圧力があったのでは」という陰謀論がとネット上をにぎわしました。

「LOFTプロジェクト」はライブハウス「ロフト」で有名です。近年、音楽のみならず「ロフトプラスワン」という日本で最初の「トークライブハウス」を設立しました。東京のみならず大阪にも進出し、「トークライブハウス」文化が成り立ちました。情報発信基地のトークライブハウスして、社会性を帯びた「プラットフォーム」になっています。

 その「BLACK・ザ・タブー」の「TABOO」と「LOFT」とのアナグラムで「TABLO」としました。「タブロイド紙」の意味もあります。マスメディアには目が届かない場所にこそ、真実があるのではないか。電車の棚に置かれたタブロイド紙にこそ、ジャーナリズムの原点があるのではないか。そんな思いでもあります。

 日本のジャーナリズムの原点は江戸時代の瓦版にあると言われています。庶民が知りたい事を自由に書いてばらまきました。明治になって、新聞にとって代わられます。その明治初期の新聞ジャーナリズムは尖っていました。ではジャーナリズムとはそもそも何でしょう。

 真実を伝える事、権力を監視する事。様々な定義があります。

 あくまで僕、個人の意見です。極論を言います。一言で言える事です。

 それは「反権力」です。

 もちろん、権力について褒めるべきところは褒めるし、賛成しなけれはけならない事は賛成すべきです。が、メディアの原点は「反権力」であるべきなのだと思っています。この立脚点からまず、事象を見るべきでしょう。それを雑多な言葉でいうとタイトル横の「偉そうな奴、だいたい嫌い」になる訳です。もう一つ、本サイトのコンセプトは、「弱者の立場に立つ事」と付け加えておきます。

 色々偉そうな事を書いてしまいました。

 現在、紙媒体は壊滅状態と言って良いです。新雑誌の創刊は現状、まず不可能になっています。僕は雑誌編集者を約25年やっていますが、一番状況が悪いでしょう。ネット媒体に場所を移す書き手が増えました。また、書き手が書く場所をなくした現在、ライター業そのものから退出していく人も続出しています。

 悲しい事です。商業誌で文章を書く人を僕は尊敬します。いやブログやツイッターで無償で書く人の中にも、リスペクトすべき観察力を持った人は多々いらしゃいます。そういう方たちにも、是非「TABLO」で書いて頂きたいと思っております。

 ネット媒体は現在、過渡期にあると感じています。コピペだけの記事、テレビ番組を見てそのままテープ起こしをしたような記事。これで良いはずはありません。

「TABLO」はオリジナルにこだわります。現状の社会状況、メディア状況に一石を投じてみる事にします。

「TABLO」編集長 久田将義

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する