「障害者によるお笑いは笑えない」をひっくり返した『R-1ぐらんぷり 2018』

2018年03月07日 R-1ぐらんぷり お笑い バラエティ バリアフリー 濱田祐太郎 視覚障害 障害者

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

owarai.jpg


 昨夜(3月6日)、R-1ぐらんぷり2018が開催されました。生放送のネタ番組はとても好きです。時事ネタを含め何が起きるか分からない、生放送ならではのハプニングも含めて面白いです。この1年の流行の誕生、新たな幕開けの目撃者になれます。

 そして今回のグランプリは、濱田祐太郎さん。彼は光を感じることはできる、限りなく全盲に近い弱視だそうです。
 杖を持って付添人と共にステージに現れた時、どんなネタをやるんだろうとなぜか私は緊張し始めました。

 彼の漫談が始まると、聞き取りやすい流暢な関西弁に驚きます。ネガティブさが全くなく、自身の経験をとても分かりやすくかつ面白くしゃべくり倒します。全盲の世界を知らないであろう会場も盛り上がっていました。

 新しい風が吹いた気がしました。
 この結果にとても納得でした。

 なんなんだ彼は...私も彼のように明るく面白く、まっすぐな目をした人間になりたい! と思いました。

 障害者による障害ネタは笑われにくいことがあります。こちら側は笑ってほしいと思っても、難しい。その反応は期待とは違うものです。だから、「笑いのツボはみんな違う」、そう思うようにしています。

 でも彼は違った。

 なんであんなに面白いのか。彼のお笑いへの追求心や少しでも聞き取りやすくしてもらうための喋り、たくさんの努力の結果なんだろうと感じました。

 決勝での、彼の漫談中の審査員の表情もとても印象的でした。我が子を見守る暖かな眼差しに見えました。多少の同情もあったのでしょうか? いえ、単純に面白い彼を応援、後押しをしているように思えました。

 決勝にあがった3名。
 頭皮が薄い自分をいじったおぐさんのネタ、ぽっちゃりした体を揺らしながら貫禄を見せつけたゆりやんさん、視覚障害を活かした濱田祐太郎さん。
 マイナスに言われてしまうこともある身体的特徴だが、個性とも言える。お三方が強味にされていること、見習っていきたいです。

 R-1ぐらんぷりはピンで活動されている芸人さんにとっては一番メジャーな大会。そのグランプリを濱田祐太郎さんが受賞したことで、これから何かが変わっていく、時代が変わっていく、みなさんそう感じてると思います。
 そして視覚障害以外の漫談も見たいです。彼ならどんな漫談も面白いだろうなぁ。(文◎あもり・欠損バー『ブッシュドノエル』所属)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > 「障害者によるお笑いは笑えない」をひっくり返した『R-1ぐらんぷり 2018』

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する