ネット民が痛烈批判 打ち切り宣言された漫画家がツイッター上で「宣伝して」

2018年04月20日 Twitter デゾルドル 宣伝 岡児志太郎 批判 漫画家

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

001.jpg


「月刊 モーニングtwo」誌面にて連載中の「デゾルドル」作者である漫画家の岡児志太郎氏がTwitter上で展開した悲痛な叫びが話題を集めています。

 発売されたばかりの同作第1巻の売れ行きが芳しくないようで、
「このままでは次の次の回で打ち切りということになってしまいました。」
「是非共このツイートの拡散ならびに当作品の宣伝をお願いできませんでしょうか」
 といった訴えを直筆メッセージで記すと、
「非常に見苦しい行いであることは重々承知しております」
 としながらも拡散を促すことで狙い通りの騒動になりました。

 これには
「作品の力で動かそうとする姿勢がないなら面白くないって認めてるようなもんだと思う」
 といった厳しい意見から、
「一巻買ってみたよ」
「続き気になる」
 といった応援のコメントまで様々。


002.jpg


 一方、漫画家を取り巻く厳しい環境が露呈する昨今、どうやったらヒット作に恵まれない漫画家たちが食うことができるのかというテーマでも議題が進められることになりました。

「クラウドファンディング制にしろって 昔の芸術化もパトロンがいて成り立ってたんだから」
「漫画が流行らねーのを漫画村とか違法DLのせいにして腐ってる漫画家は一生ヒットしないよな」
「漫画村限定で出して、漫画村から報酬もらった方がいい暮らしできるんでないの?」
「ど違法お兄さんみたいに漫画村に有名にしてもらえばいいのに」

 やはり時代の流れなのか「漫画村」に代表される無料で読み放題というサービスに活路を見出すべきなのではという意見が大多数となっています。
 
 お金を払わないと読めない、個別にお金を払わないと見ることが出来ない、これまで当然と思われてきたこの概念が今、各分野で崩れようとしているようです。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > ネット民が痛烈批判 打ち切り宣言された漫画家がツイッター上で「宣伝して」

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する