ヤンゴンの2トップ風俗に潜入したミャンマー夜遊び グレー嬢を掴まされ思わずヒヤリ!

2018年06月13日 ミャンマー ヤンゴン ロリコン 夜遊び 風俗

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

 ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの問題や経済、金融の最新状況を取材し、報じてきましたが、歓楽街についてもお伝えしなくてはなりません。規制強化が進むタイの首都バンコクなどとは対照に、ヤンゴンの風俗施設にはまだグレーゾーンが残っています。

 まずは夕食です。現地日系企業で働く知人が案内してくれたのは、ヤンゴン中心部の「パー・カント・レストラン」。北東部シャン州のメニューを中心に、幅広いミャンマー料理を提供しています。国民食のラペットゥ(お茶の葉サラダ)は、発酵させた茶葉や野菜、ナッツに唐辛子やニンニクなどを加えて和えた料理で、酒のつまみにもぴったり。お茶を日常的に飲んでいる日本人にも取っ付きやすい味で、「ミャンマービール」がぐいぐいすすみます。

 腹ごしらえが済んだら、夜の街に繰り出します。ヤンゴンの風俗店をめぐっては以前、「エンペラー」と「JJ」が二大巨頭として君臨していましたが、JJは惜しまれつつも閉店。同店のオーナーが昨年、ヤンゴン国際空港からほど近いインセイン郡区にオープンしたのが、注目の「アップルバー」です。
 ヤンゴン中心部からは車で40分ほど。かなり遠いですが、配車アプリ「グラブ」を利用すれば、問題なく行けるでしょう。知人もグラブを活用しているそうで、ヤンゴンを動き回るには必要不可欠なツールと言えます。


01.JPGパー・カント・レストランのラペットゥは1500チャット(約120円)

02.JPGアップルバーの外観。ミャンマーとは思えないほど華やか

03.JPGアップルバーのフロアでは、ロンジー姿のミャンマー人男性客が踊っていた

04.JPGミャンマー産「ダゴンビール」を飲みながら、アップル嬢を品定め


 アップルの入場料は、1ドリンク付きで1万チャット(約820円)。ディスコ内に多数の売春婦が待機する業態ですが、嬢はフリーというわけではなく、基本的に店に管理されています。内外装はオシャレで、娼婦も垢抜けており、バンコクにあってもおかしくない水準。主要客層は中国人や現地人で、ロンジー(民族衣装の巻きスカート)を身に着けたミャンマー人男性客がダンスミュージックに合わせて踊る姿は、ヤンゴンの経済成長を実感させてくれます。
 アップルはカラオケルームも併設しているので、ゆっくり飲みたい人は利用してみても良いでしょう。


ファッションショーは必見


 近代的なアップルとは対照的に、昔ながらのヤンゴンをほうふつとさせてくれるのが、前述のエンペラーです。業態はほぼ同じ(入場料は同8000チャット)ですが、建物が老朽化しており、内外装がとにかく汚い。そして暗い。これまで欧州や東南アジア各国の風俗施設に出入りしてきましたが、店内がこれほど暗い店は見たことがありません。スマートフォンのライトを照らさないと、嬢の顔をはっきりと確認できません。

 娼婦の数は軽く100を超えるでしょう。かわいいのもおります。特筆すべきは、ミャンマー風俗の象徴とも言える「ファッションショー」。爆音が鳴り響く中、女性らが中央ステージで、10人弱のグループを形成し、連動して前後左右に歩き回ります。お気に入りの嬢に花輪を進呈すると、男性スタッフらから拍手が起こります。

 ミャンマービール缶を飲みつつ、エンペラー独特の雰囲気を楽しんでいると、やたらと若い嬢を連れたママさんが売り込みにきました。嬢はレット・レットという名前で、ヤンゴン管区の上の中部バゴー管区出身。自称18歳で、入店して2日目とのこと......。

 怪しさ満点ですが、取材も兼ねて連れ出すことにしました。プレイ代は朝までのロングで10万チャット。ショートという選択肢はなく、夜明け前に帰しても代金は変わらない(安くならない)のだとか。プレイ代は後払いで、店に払う連れ出し代もありません。


05.JPGエンペラーの怪しい外観は相変わらず


06.JPGエンペラーが入居するビルのボロいエレベーター。ファッションショーの記載も


07.JPGエンペラーがある通りは、深夜になると真っ暗。ポン引きとタクシー運転手が待ち構えている


 宿泊するホテルに到着すると、自分のIDカードを何度も確認し、ぶつぶつと暗唱するレット・レットちゃん。ロビーの警備員がそのIDを確認すると、眉をしかめつつ彼女に尋問。その直後、「ミスター、アイムソーリー......」となぜか私に謝ってきました。

 警備員によると、彼女のIDは本人ではなく別人の物で、その理由としては17歳以下の可能性が高いとのこと。「ショートなら部屋に入れられないこともないですが......」と提案し始めたので、「いや、その必要はない。教えてくれてありがとう」と返答し、彼女を店に帰しました。若い女性は人並に好きですが、ロリコンの趣味はありません。何よりも、ミャンマーまで来て犯罪に巻き込まれるのはごめんです。

 エンペラーには、彼女以外にも「自称18歳」の"グレー嬢"が複数おります。気になる人は自己責任の下、自分の目と耳で確かめてみてください。(取材・文◎ゴーゴーバージャーナリスト・新羽七助 『世界の怪しい酒場』第11回)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > ヤンゴンの2トップ風俗に潜入したミャンマー夜遊び グレー嬢を掴まされ思わずヒヤリ!

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する