「ホーム端で歩きたがる人」現役地下鉄駅員によるトウキョウ駅ナカ日記

2014年10月01日 地下鉄 東京 通勤ラッシュ 電車

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

ekinaka01.jpg

 都心の電車というのは、とにかく本数が多い。JR山手線にしろ、地下鉄にしろ、主要な私鉄にしろ、朝と夕方のラッシュ時はものすごい過密ダイヤだ。3分から5分おきに電車が来る路線も珍しくない。

 駆け込み乗車は多い。でも、あわてないお客さんも多いんだ。乗ろうとしてドアが閉まっても、そのまま普通に次の電車を待つお客さん。慣れているお客さんだったら、本当にすぐに来るのがわかっているからね。

 だから、あわてることなんて全然ないんだけれど、普段はあんまり電車とかに乗らないお客さんなのか、とにかく無茶をする人が少なくない。

 この前も、発射直前の電車に20代くらいの、若い女の人が駆け込んだ。すると、そのあとをその母親らしき女性が走ってくる。しかも、もうドアが閉まるその時になって、若い方の女の人がドアから両手を突き出した。そして、あとから来た母親らしい人も、閉めかかったドアに手を突っ込んで、見事にドアに挟まった。もちろん、ボクやほかの警備員が駆け寄って対処。結局、ドア再開。2人とも、知らん顔で乗っていったね。何を急いでいたんだろう。そんなにあわてなくても、次の電車は1、2分で来るのに。

 それと駅のホームを歩く時、線路から離れて歩くのが普通。ところが、ホームの端っこギリギリを歩くお客さんがいる。ホームが混んでいて、通るスペースがないなら仕方ないかもしれない。

 でも、ガラガラに空いていていくらでも通路があるのに、それでもホームの端を歩くわけ。電車が入ってくる時に流れる、「黄色い点字ブロックの内側までお下がりください」という放送はだれでも聞いた事があるだろう。ボクたち警備員も、同じことを繰り返す。電車が来ますから、十分に離れて下さいって。

 それでも、やっぱりホームの端、線路のすぐ近くを歩くのを辞めないお客さんがいるんだ。ボクたちが「危険ですので~」と言っても、怖い顔で「うるさい」「邪魔だ」と怒鳴ってにらみつけてくる。ホームの端をズンズンと歩いてきて、警備員に体当たりしてくるお客さんまでいる。どうしてなんだろう。ホームの端っこを歩くと、何かいいことでもあるんだろうか。本当に、不思議で仕方ない。

 駅のホームというのは、本当に怖い。線路に落ちただけでも、大ケガをすることが少なくない。実際、落っこちてケガをして、救急車で運ばれたというお客さんを何度か見たことがある。まして、電車が入ってきたら、もうただごとでは済まない。ボクは、ホームの端を歩くなんてまっぴらだ。プライベートでも、できるだけホームの内側を歩くようにしている。

Written by 東京都内某地下鉄勤務・原田大作

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > オカルト > 「ホーム端で歩きたがる人」現役地下鉄駅員によるトウキョウ駅ナカ日記

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する