「大きなアエギ声で...」あの有名グラドル、バー店内でエロすぎて出入り禁止に

2013年09月16日  芸能人 

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

dekin.jpg

 自分の顔面が整形であることをカミングアウトして、瞬間風速的に注目を集めたグラドルM。最近は「セレブ」という設定まで被せたことで、かえってキャラがブレブレになってしまったのも記憶に新しい。そんな彼女があるハレンチな騒動を起こした。ほんの数か月前、六本木のとある高級バーでの出来事だったという。証言するのは偶然居合わせていた制作会社の某ディレクター。

「Mは胸とヒップを強調するようなボディコンシャスなワンピース姿で、その筋の人間かと思うようなコワモテの中年男性と腕を組んでやって来ました。その時から二人ともすでにデキあがってるような感じで足元がおぼつかない状態でしたね。はじめは店の隅っこにあるボックス席で大人しく飲んでいたようなんですが、Mは男性にもたれかかって太ももに手を置いたり、背中に手を回したりとかなりベタベタしていたんです」

 やがて、その問題行為はエスカレートし、Mは男性の手を自分の胸元やスカートの中に誘導し、時折アエギ声のようなものを漏らしていたという。

「盛り上がりすぎて、ヘンな声が店内に響いただけでも十分ワイセツだと思いますが、あろうことか彼女は男性の局部を引っ張り出し、手で弄び始めたんですよ。男性はされるがままで、不快に感じたお客から『ここはハプニングバーかよ!』と店側にクレームが入ったほど。彼女は案の定、その後、店を出禁になったそうです」(前出のディレクター)

 先日出演したバラエティー番組では、20代から上は80代まで、35人もの「彼氏」がいることを明かしたM。彼女にとっては、こんなお下劣な行為も日常の一部でしかないのかもしれない。

【関連記事】処女喪失の危機!?「あまちゃん」能年玲奈があの関東連合と第一種接近遭遇か

Written by 風間岳人

Photo by Mark Sebastian

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 「大きなアエギ声で...」あの有名グラドル、バー店内でエロすぎて出入り禁止に

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する