女性器に野菜スティックを...... 山口達也が可愛く思える芸能人たちの性犯罪 2018

2018年05月14日 山口達也 性犯罪 春山有子 芸能人 逮捕

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

yasai.jpg


 5月6日、所属事務所ジャニーズ事務所が契約解除を発表したことで、事実上"元メンバー"となった、TOKIOの山口達也。彼の所業については本サイトでも報じている通り(http://tablo.jp/media/johnnys/news003204.html)ですが、事件発覚の翌日である26日に自らが行った会見では、「TOKIOに席があるなら戻りたい」と発言した上での、契約解除。メンバーの憤りや世論を反映した結果でしょうか。ただでさえ、淫行やわいせつに厳しい世の中で、今後、山口元メンバーはどうなるのか。"諸先輩方"に学んでみましょう。

 まず、「未成年への強引なわいせつ行為により、相手が被害届を出したが、のちに取り下げ示談が成立した」という一連の流れが一致する、極楽とんぼの山本圭壱。
 事件後に所属事務所の吉本興業から契約解除されると、謹慎生活に突入。サーフィンインストラクターや肉巻きおにぎり屋、僧侶などを経て、2016年7月30日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で地上波復帰。
 同年11月20日には吉本に再所属しています。事務所が"許す"まで約10年のブランクは長く、戻れる「席」はなくなったように感じますが、いかがでしょうか。

 同じく吉本は、ほかにもわいせつ男を輩出。1994年には板尾創路が、当時中学3年生の少女とわいせつな行為をしたとし、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されています。当時は、「相手を未成年と知らずに関係を持った」「見返りとして時計をあげた」ことなどが報じられました。
 しかし、山本とは違い約8ヶ月で謹慎明け。ダウンタウンの松本人志の働きかけがあったといわれています。う〜ん熱いKI・ZU・NA。まっちゃんの爪の垢を煎じて城島茂あたりに飲ませてあげたいですよね。

 1999年4月には、横山ノックが大阪府知事選出馬に際する遊演中、選挙カーとともに走る車の中で、事務所スタッフの女子大生の下半身や胸を触り続けるという事件が発生。去り際には「ヴィトンのカバンと財布を買ってやっといたからメシ食いにいこう」と言ったとされています。女性はすぐに強制わいせつで告訴すると、横山は「事実無根」として逆に虚偽告訴するなど泥沼に発展。
 12月21日、強制わいせつ罪で在宅起訴され、知事を辞職するにいたり、翌年には懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。そうなると守る者は誰もおらず、芸能界追放状態となり姿を消すことに。やはり、なによりも周囲の庇護がもっとも大切なのだと思わずにはいられません。

 2017年1月20日、「FRIDAY」(講談社)で交際相手が17歳の女子高生だったことが報じられ、翌日に会見を行ったのは狩野英孝。
 未成年であったことを知らなかったとし、肉体関係について「大人同士の付き合い」、女性の年齢について「野生の勘が働いた」などの発言を、集まった報道陣が失笑混じりに生暖かく報じたことで、「あれ......? 笑っていい感じなのコレ......?」と思わせ、無期限謹慎という名の約半年で復帰しました。
 しかも復帰後は、二股騒動時にもフォローしていた上沼恵美子の番組「上沼・高田のクギヅケ!」(読売テレビ)に呼ばれ、またも愛あるお説教。山口の場合は、自身のブログで強制キスについて<厳しすぎ、騒ぎすぎでしょう!>と憤ったデヴィ夫人がその役割を担うかもしれません。

 他には、1998年にイメクラ経営者が児童福祉法違反と青少年健全育成条例違反で逮捕された際、所属の16歳少女のサービスを受けたとし、東国原英夫が事情聴取を受けたことで、世間は「そのまんま東が淫行で逮捕された」と勘違い。言い逃れが効く、とんだとばっちりでした。

 また、なぜか名前が名前が報じられず、現在もあまり蒸し返されないわいせつ事件もあります。
 当時にならいイニシャル表記すると、NのN・JがFテレビ社員とともに六本木のジャグジーに呼び出した女性の女性器に、野菜スティックを突っ込んだ、ということが週刊誌で報じられました。
 女性は被害届を提出しましたが、続報は報じられることなく、詳細は不明なまま。現在、Nの名前で検索すると、第二検索ワードに「野菜スティック」と出てくることで、何も知らない若人は一体なんのことだかさっぱりです。
 ちなみに山口の第二検索ワードは「Rの法則」と、匂わせつつの〜〜「身長」「筋肉」といった、そんなの知ってどうすんのワードしか出てきません。セーフ!

 以上が復帰したり何事もなかったかのようにテレビに出ている人たちの"その後"ですが、ではそのまま消えてしまった芸能人はどれほどいるのでしょうか。


nakujyosei.jpg



全然表舞台に出て来られない人たち


 今年3月4日深夜、路上で女性の胸を両手で揉みしだき、強制わいせつ致傷と強制わいせつ未遂で逮捕されたイケメン俳優の青木玄徳は、不起訴処分になったものの、公開予定だった映画がお蔵入りに。事件直前に事務所を辞めフリーになっていたことから、さらに前途は多難です。

 2017年6月8日、「FRIDAY」に未成年との飲酒と不適切関係が報じられ、現在まで芸能活動を休止している小出恵介は、今年初頭に麻生十番の高級割烹で目撃されたことで、「復帰が近いのか」と言われていますが、山口の影響で静観状態ではないでしょうか。 

 2016年8月23日に、撮影のため滞在していたホテルの従業員に性的暴行を加えたとし、強姦致傷容疑で逮捕されたのが高畑裕太。相手女性とは示談が成立しましたが、芸能活動は現在も休止中、アルバイトなどで生計を立てていることが週刊誌で報じられました。
 母親の高畑淳子は、4月18日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)に出演、「私は世の中全部恨んでいるところもあるけれど」と話したり、「必要なときがきたら自分で言うべきだと思う」と復帰についても言及するなど、ネタにできるくらいにはなったようです。

「あーいたいた! いたねえ!」と言いたくなるほど存在感が消し去られてしまったのが、シャ乱Qのしゅう。1998年に結婚を考えていた16歳少女へのDV等で警察沙汰となり、無期限活動休止に。さらに女子大生への暴行事件も起こし、シャ乱Qを脱退しました。
 現在は、2008年から音楽学校のベース講師に就いており、学校HPのプロフィールにはしっかりと「シャ乱Qベーシスト」と書かれているくらいには、ほとぼりが冷めているといったところでしょうか。

 2003年から2004年にかけて女性8人、ニューハーフ1人に対する強姦と強制わいせつ容疑で逮捕されたヒステリックブルーのナオキは、すでに出所しているという噂がありますが、これほどの凶悪事件ともなれば、世間は忘れさせてくれそうにありません。


 山口達也には、一体どんな未来が待っているのでしょうか。誰かの庇護の元しれっと復帰するのか、島でなんらかの修行をするのか。それとも、沖縄で飲食店を経営するか、さびれた温泉地で彼女を作り食わせてもらうのか。この先、芸能人の誰かがわいせつ事件を起こすたびに、こうして蒸し返されながら。(取材・文◎春山有子)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 女性器に野菜スティックを...... 山口達也が可愛く思える芸能人たちの性犯罪 2018

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する