ネットでは「上島竜兵に空目!」と騒然 高橋祐也容疑者の風貌はなぜあんなにも変わったのか

2018年10月11日 上島竜兵 激似 覚醒剤逮捕 高橋裕也

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

taiho2.jpg

写真はイメージです


 女優・三田佳子さんの次男・高橋裕也被告が保釈されました。顔が白くなって、ふっくらとした変貌ぶりが報じられています。

「太っているように悪意的に撮影したり、若いイケメンの頃の写真を並べたりして、高橋裕也が可愛そう!」とのメディア批判も一部には、出ているようです。

 覚醒剤常習者の知人が複数いた芸能プロダクションの幹部は、

「留置所の中で、運動不足で太ったのでしょう。それと覚醒剤で肝臓の機能が悪くなって、新陳代謝が悪くなって太りやすくなることもよくあります。一昨年前に覚醒剤で逮捕されたある俳優もシャープな痩身イケメンが見る影もなく、貫禄たっぷりに膨れ上がっていました。
 また、TOKIOの長瀬智也さん、ZIGGYの森重樹一さんが憧れてカバーした海外のカリスマロックボーカリストも、覚醒剤で、横幅が3倍くらいにふくれて、別モノになっていました。せっかく恵まれた容姿を仕事に活かしているのに、劣化させることが反抗心なのかもしれないですが」

 と覚醒剤の副作用による容姿劣化について語ります。さらに、理屈では分かっていも生理的欲求ともセットで抜け出すことが厳しいと語ります。

「気分が高揚し、性的持続力もアップするので、様々な欲望とセットになって幸福感を得ることができます。覚醒剤を欲する身体になってしまったら、その欲求を抜くのは、本当に辛いです。警察署にお迎えに行ったお父さんが、そこまで更生するように愛の鞭を与えてくれたら良いのですが......。私の友人は、一定期間、田舎に住んで、交遊関係を絶って、覚せい剤をやめました」(同上)

 更生は本人の多大な苦労が伴います。身元引受人は三田佳子さんになっているようですが、いつまでも家族の保護の元では更生出来ないような気がするのは本サイトだけでしょうか。四度の逮捕ですから。(文◎花苑スープ)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > ネットでは「上島竜兵に空目!」と騒然 高橋祐也容疑者の風貌はなぜあんなにも変わったのか

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する