白石麻衣が"黒石さん"に変わる瞬間が怖い 番組内で「もう、どうでもいいです!」とブチ切れる姿も

2019年02月28日 ブラックな一面 乃木坂46 乃木坂工事中 白石麻衣 黒石さん

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

nogisaka.jpg乃木坂工事中公式サイトより


 クールビューティな雰囲気と親しみやすい笑顔で、現在絶好調の乃木坂46の大黒柱、白石麻衣。だが、ときおり見せる、怒りの感情のシーンでは「黒石さん」と呼ばれています。

 これは白石麻衣に限ったことではなく、AKB48の柏木由紀も「いつもは絶対怒らない」とされているのにたまに負の感情を出す時があり、その時は「ブラックゆきりん」と呼ばれています。癒し系キャラが時折見せる、ギャップが面白おかしくいじられるケースが間々見受けられます。

おすすめ記事乃木坂46の未来を背負う三期生・山下美月×与田祐希 次世代メンバーインタビュー | TABLO

 乃木坂工事中(テレビ東京系)でまたも白石麻衣が「黒石さん」になりました。メンバー秋元真夏とのやり取りで、最後は「もうどうでもいいです」とバッサリ。

 白石麻衣のこうしたたまに見せる、気の強さは「北関東にあるのでは」(テレビか関係者)と言われています。

 ここでの北関東は群馬、茨城、栃木の三県。なぜか暴走族、ヤンキー率が高いと地域として有名なのです。

「理由は分からないけど確かに多いですよね」(アウトロー雑誌編集者)

 北関東の空っ風が、女性の強さを生み出しているというのは江戸時代からの言い伝え。癒し系の白石麻衣にも北関東独特の強い女性のDNAが受け継がれているのではないでしょうか。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 白石麻衣が"黒石さん"に変わる瞬間が怖い 番組内で「もう、どうでもいいです!」とブチ切れる姿も

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する