波乱万丈の人生を送る加護亜依が石川梨華の結婚パーティに呼ばれなかった日【モーニング娘。伝説・第二弾】

2017年12月20日 V6 ハロプロ ハロープロジェクト モーニング娘。 加護亜依

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

001kagoai.jpg

『加護亜依LIVE〜未成年白書』(メディア・クライス刊行)


「あんなに仲の良かった梨華ちゃんの結婚パーティにすら......」

モーニング娘。OGが結婚したり、テレビ番組やコンサートで集合するたびに、その不在を嘆かれるのが"加護ちゃん"の愛称でおなじみ、加護亜依(29)だ。

今年12月9日、モーニング娘。OGの石川梨華(32)がプロ野球選手の野上亮磨投手と結婚パーティを行った際にも、加護ちゃんの姿は確認することができなかった。

石川は加護ちゃんと共に4期としてモー娘。に入った同期仲間で、人気ユニット『タンポポ』でも一緒に活動し、加護ちゃんが"お母さんみたい"と慕っていた人物。

往年のファンからすれば「あんなに仲の良かった梨華ちゃんの結婚パーティにすら来られないの...」と加護ちゃんの現在の不遇っぷりを改めて思い知らされる出来事だったのである。

2人と同じく4期メンバーの吉澤ひとみ(32)は、インスタグラムでモー娘。OGたちが石川を囲む写真と共に「梨華ちゃん!おめでとう!!幸せな時間をありがとう。4期が全員ママになるね。赤ちゃんに会えるのが楽しみ。ハピサマは号泣してもうた...たくさん幸せになってね。ウエディング姿、とってもチャーミーだったよぉ。#石川梨華 #4期 #ウエディングドレス #ハッピーサマーウェディング #おめでとう」という文章を掲載。

おそらくよっすぃ~なりに、パーティに来られなかった加護ちゃんを最大限慮っての文章だったのだろうと推測するが、コメント欄にはやはり加護ちゃんの不在を嘆く言葉がびっしり。

「加護ちゃんは?どうして呼ばれないの?」「加護ちゃん呼ばれてないんですか?加護ちゃんもいて4期だと思います」「4期が一番大好き!!でも加護ちゃんがいないのがほんとに悲しい、、、。いつか4人で仲良く写ってる写真が見たいな」といったファンからの書き込みが多数見受けられた。


しかし!! 


同じく4期メンバーであり、加護ちゃんの相棒として知られる辻ちゃんこと辻希美(30)は、自身のインスタにて石川と野上、吉澤との4ショットの写真を掲載。

その際に「りかちゃん♡亮磨さん...おめでとうございます♪( ´▽`)末永くお幸せに...。#辻希美#石川梨華#野上亮磨さん#happywedding #happy#幸せォーラ全開
#おめでとう#モーニング娘。#4期#吉澤ひとみ#加護亜依#みんな#mama#嬉し過ぎる」という文をアップ。

盟友・加護亜依の名前をハッキリと記述したのである。

この辻ちゃんの侠気ある行動はファンから大絶賛を浴びており、"辻加護"の深い絆はちょっとやそっとでは断ち切れないのだと感じさせてくれたのだった。



加護ちゃんは黄金期一番の稼ぎ頭だったじゃないか!

ここで、加護ちゃんがなぜこんなことになっているのかを駆け足で説明しようと思う。

加護ちゃんは2000年にモーニング娘。の4期メンバーとして芸能界デビュー。

キュートなルックスと愛くるしいキャラクターで大ブレイクし、モーニング娘。本体以外にも派生ユニット『タンポポ』『ミニモニ。』を兼任。モー娘。卒業後は辻ちゃんと『W(ダブルユー)』を結成。

しかし2006年2月には週刊誌『FRIDAY』にて喫煙写真がスッパ抜かれ、謹慎。近く復活する予定だった2007年3月、今度は『週刊現代』にて人気カフェオーナー(当時37)との温泉旅行&喫煙写真が掲載。2回目という事実を重くみた事務所に契約解除される。

そこから現在に至るまで約10年間、モー娘。関連のイベントからいまだに"出禁"を食らっているというわけだ。

しかし編集部は思うのだ、「もう許してあげてもいいんじゃない?」と。

だってだって、加護ちゃんはモー娘。黄金期の一番の稼ぎ頭だったといっても過言ではない、かなりの功労者。

メディアに出てモー娘。や事務所の悪口を言うでもなく、暴露本を出すわけでもなく、AVに出るわけでもなく。

自分の力で芸能界に戻ってきて、やれることを頑張っているだけなのだから。


そこら辺のアイドルには敵わないヒストリー



002kagoai.jpg

2008年秋にミリオン出版から発行された『芸能ナックルズ』という雑誌でライター・吉田豪さんが加護ちゃんにインタビューした記事から、いくつか発言を紹介しようと思う。

ーーーボクはあいぼん時代のタンポポが本当に大好きで、理想のアイドルでしたよね。グループのキャラクターも声質もすべて完璧で。

加護 完璧でしたよね。あのキャラクターといい。タンポポは私もホントに最高だと思います。私たち、タンポポ聴いて泣いたんですもん。カラオケに行っても必ず歌いますよ!

ーーーそのへんの思い入れは強いわけですよね。

加護 それはやっぱりね......。

ーーーW(ダブルユー)も好きですよ。

加護 私も大好き!

ーー『ロボキッス』とか名曲ですよ!

加護 名曲ですよね! 私はハロー! プロジェクトにいたときから、ずっと私たちの曲がナンバーワンでオンリーワンだと思ってて。だって世界にはないもん、ああいう音楽!

ーーー最近はディナーショーでカヴァー曲とか歌われてますけど、いまは大人の事情で昔の曲は歌えないとかあったりするんですか?

加護 いや、いまは......歌える機会があれば歌いたいですよ、できれば自分の曲を......。

加護ちゃんは辞めた後もめちゃめちゃハロプロを愛しているし、今も歌いたがっているのだ。歌番組で「モー娘。OGが大集合」の時は、呼ばれたいなあと強く願っているはずなのである。

さらに、豪さんはこのインタビューで、加護ちゃんの複雑な家庭環境についても踏み込んでいる。

ーーー昔、「松田聖子さんみたいな面白い生き方をしたい」って言ってたじゃないですか。そういう意味では、彼女に負けじとスキャンダルな生き方をされつつあるわけですけど。

加護 でもまだ20年しか生きてないし、これからもっといろんなことが起こるであろう未来......いまからドキドキワクワクしています。

ーーー「これからもまだ大変なことが起きるだろう」って本(編集部注:『加護亜依LIVE〜未成年白書』のこと)の中でも言ってましたからね。

加護 はい、たぶん起きると思う。でも、自分の人生ってすごいおもしろいと思う。もう絶対復帰できないっていうときに、助けてくれる人がいて。それは自分のいい運もあって、悪い運もあって。でも悪い運もいろんなことを学ばせてくれるから、すごい面白い(笑)。モーニング娘。になる前も、私もあんまり家庭環境よくなかったから......面白いですね、悪いことがあっていいことが常にあるから。

ーーーお母さんが離婚して再婚してまた離婚して、あいぼんが頑張って稼いだお金を血の繋がらないお父さんが知らないうちに全部使っちゃって莫大な借金までしたりもあったし。

加護 だから大変でしたよ。でもお金のことは親に任せてたし、自分は知らないから、そんな金額は持ったこともないし見たこともないし。それよりお父さんと思ってた人に裏切られたことのほうが超ショックで......。

ううう(泣)。この時点で、松田聖子なんて余裕で超えている苦労を背負い込んでいたことがお分かりいただけたのではないだろうか。


加護ちゃんがパートナーに選んできた人たち


加護ちゃんは年上男性が好きだと公言しており、2008年に出版された『加護亜依LIVE〜未成年白書』(メディア・クライス刊行)に収録された女子高生との対談にて「私ちょっと微妙にファザコンだから、オヤジっぽい人が好きなの」「年上に甘えたいんだろうね」と自己分析している。

これも、複雑な家庭環境ゆえに恋人に包容力や経済力を求めてしまう不安定なアイデンティティが透けて見え、何というか、複雑な気持ちになってしまう。


加護ちゃんは豪さんのインタビュー後、自ら予言していた通り、さらに波乱万丈な人生を送る。

2009年には俳優の水元秀二郎と不倫報道。水元の元妻に訴えられ裁判沙汰になり「200万円の支払命令を受けた」などの報道があったりもした。

2011年9月には当時44歳の同棲中の恋人である飲食店経営会社社長が恐喝未遂の疑いで逮捕。交際相手の逮捕2日後に自宅にて精神安定剤と見られる薬物を大量摂取しながら手首を切って救急搬送されるも、その3か月後にはその社長と結婚、2012年6月に第1子の女児を出産。しかし2015年5月には夫から暴行を受け警察へ被害届を提出、6月に離婚。2016年に美容関係の会社経営者と再婚。2017年2月に第2子である男児を出産している。

加護ちゃんがインタビューで言っていた「いろんなことが起こるであろう未来......いまからドキドキワクワク」どころではない人生なような気もするが、現在は家族に囲まれた幸せそうな姿をSNS上で見せてくれているので、ファンとしては一安心といったところなのだ。


どうか、今後の加護ちゃんの人生に良いことしか起こりませんように。

そして願わくば、モーニング娘。OGの輪の中に公式に入れてあげてください。

事務所さん、よろしくお願い致します。


文◎編集部

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 波乱万丈の人生を送る加護亜依が石川梨華の結婚パーティに呼ばれなかった日【モーニング娘。伝説・第二弾】

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する