恐怖!! 猫が共食いするような悪臭漂うゴミ屋敷に住む『片付けられない女』

2017年12月15日 ゴミ屋敷

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

001.JPG

奥にいるのが薫さん。ここにいる地縛霊ではありません

002.JPG

ビッグダディ家の障子がすごく綺麗に感じる

003.JPG

彼女が大好きな古書もご覧の通り化石に

癒しの猫は餓死

玄関扉を開け光りが射し込んだ瞬間、ゴキブリが一斉に闇に逃げ散っていったーー。

「足が汚れるので土足のままどうぞ」

家主の言葉に従い、ゴミが幾重にも積み重った上を歩く。一歩進む度に大量のホコリが宙を舞う。訪問時期が梅雨だったため、湿気による悪臭も充満し、呼吸すらまとにできない......。

「この惨状で逆に人間の免疫力が高まるのか、ずっと風邪をひいたことないんですよ」

と家主は笑う。立花薫さん(35歳・仮名)は都内某メーカーに勤めるOLで、鈴木京香似の美しい女性だ。一体なぜ、自宅がゴミ屋敷的な状況になったのか。

「活字中毒なんです。特に古書集めが趣味で、ネットオークションで落札しては、貪り読み世界観に入り浸る。読むことに集中したいから、現実で掃除を忘れちゃうのかな......」

彼女曰く、床に散らばるのは新聞、雑誌、マンガ誌、古書類が幾重にも重なったもの。中には一冊十数万円の値打ちが付く古書もあるが、また新たな一冊を読め始めれば、既にあるものは「ゴミ」扱いになる。

「あと、やすらぎは猫かな。でも読書に集中し過ぎると餌をあげるの忘れてしまい、前に餓死させたこともあります。だから最近は床に餌をばら撒いておいて、勝手に食べてもらうの」

この悪臭は腐った猫エサ、糞なども混ざったものだったようだ。猫は現在6匹、勝手に子どもを産み、窓から逃げていなくなる事もあるという。

「実は彼氏ができて家に来たがっていて、片付けたい気持ちはあるけど何処から手をつけて良いか解らない。ゴミ屋敷の清掃業者に頼めばいいけど、そのお金は本に回したい」

彼女は今日もゴミを積み重ねて生きている。

取材・文◎加藤カジカ

■片付けられない症候群とはどんな病か?■

「軽い"汚部屋"ならば本人のメンタル的な問題であり、いわば鬱病や無気力症候群の一種です。ゴミを捨てる事よりも、面倒くさいのほうが先にきます。次に極端なゴミ屋敷を作る人間は、注意欠陥多動性障害(ADHD)という脳の障害の可能性も考えられます。物事をシステマチックに考えられず、片付けの最中に興味が他のものに移りやすく、色々と手をつけ結果として全然片付かない。この手のタイプは、一度ハウスクリーニングすれば改善される事が多いです」(ゴミ屋敷清掃業者)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 特集 > 恐怖!! 猫が共食いするような悪臭漂うゴミ屋敷に住む『片付けられない女』

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する