タグ「鈴木孔明」が付けられている記事

百田尚樹著『日本国紀』の読書感想文決定版 なんて素敵なボキャブラリー アンチ百田も黙って読め!

  • 02月14日
  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

勝てる気がしない......。百田尚樹先生の大ヒット著作『日本国紀』を読み終えて一番最初に思った感想です。左翼の妨害工作も何のその、この本はずっと売れ続けています。記録を残しておこうと一生懸命に読書感想文を書き上げました!

カルチャー
百田尚樹著『日本国紀』の読書感想文決定版 なんて素敵なボキャブラリー アンチ百田も黙って読め!

なぜ男は見ず知らずの女性に抱きつき服の中に手を入れ耳を舐めたのか 法廷で語られた予想外の理由

  • 02月11日
  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

人が犯罪を犯してしまうのには、理由となる心理的要因が存在します。しかし、その気持を理解したくても被害者が受けた心の傷の前にしては言い訳としか捉えられないでしょう。せめて、犯行前に誰かが寄り添うことができたら......

社会・事件
なぜ男は見ず知らずの女性に抱きつき服の中に手を入れ耳を舐めたのか 法廷で語られた予想外の理由

「そうだ金を盗もう」 勤務先の金庫から盗んだ2400万円を持って2年間逃亡した男の末路とは...

  • 02月08日
  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

人は自分を押し殺して仕事をしていると、ある日突発的に逃げ出したくなることがある。そしてとんでもないことを考えついたりするものだが、大抵は我に返って実現化しない。この物語は、そんな突拍子もない考えを払拭できなかった男の末路......

社会・事件
「そうだ金を盗もう」 勤務先の金庫から盗んだ2400万円を持って2年間逃亡した男の末路とは...

心愛ちゃんが信頼する先生に出したサイン 虐待事件裁判における子どもたちの痛ましい共通点と傾向

  • 02月06日
  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

小学校4年生の栗原心愛さんが父親による虐待とみられる暴行によって亡くなったという報道では、彼女がいくつかのサインを出していたことが判りました。虐待されている子どもたちに共通する「ある傾向」とはどんなものなのでしょうか。

社会・事件
心愛ちゃんが信頼する先生に出したサイン 虐待事件裁判における子どもたちの痛ましい共通点と傾向

一般道で153キロを出して走行した男が道路交通法違反で逮捕! 検察官の鬼のような詰問に男は......

  • 02月02日
  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

60キロの制限速度の道路で153キロを出して走行した男が逮捕。聞けば子どもが生まれたばかりというのに、犯罪を繰り返していました。どうしようもない親を持ったお子さんだけがお気の毒です。検察官の怒りの言葉をご覧ください。

社会・事件
一般道で153キロを出して走行した男が道路交通法違反で逮捕! 検察官の鬼のような詰問に男は......

酔って帰って妻が鍵を開けていないことに腹を立て消火器をぶちまけた35歳男の裁判を見てきました

  • 01月29日
  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

酔っ払って帰ってきた夫はチェーンをされて家に入れなかったそうです。何度も何度も大声で妻を呼びますが反応はありません。頭に血が上った夫はマンションに備え付けてある消火器を手に取り、妻が眠っているであろう室内へ消火剤をぶちまけたのです!

社会・事件
酔って帰って妻が鍵を開けていないことに腹を立て消火器をぶちまけた35歳男の裁判を見てきました
1  2  3  4 

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する