「カーマスートラの呪文の儀式」 報道したテレビ局が軒並み動画を削除 性行為を連想する!と苦情殺到

祈祷の儀式のはずなのにお経や呪文を唱えるどころか女性がM字開脚の姿勢で体を揺らしながら大きな喘ぎ声をひたすら発している…。そんなあまりにも刺激的な動画がタイで波紋を呼んでいます。

この動画はタイ東北地方ウボンラチャタニー県在住女性のFacebookに投稿されたもの。投稿主の女性はエー先生、弟はキング先生と名乗り、2人で「カーマスートラの呪文の儀式」を行う祈祷師を生業としています。動画には「カールトリー女王の呪文」とタイトルが付けられ、女性に旦那から愛される魅力を植え付ける祈祷の様子だとして次のように説明しています。

参考記事:「金箔を塗って私と性交を5回しなさい。じゃないと死ぬ」 儀式だと言って女性をホテルに連れ込んだ僧侶 | TABLO

「毎日憑依!! 旦那が愛する。旦那が溺れる。毎日主人を追いかけて走っていた人はもうその必要なし! 毎日死んだ魚のように寝ていた人も池から跳ね上がる。パトロンが欲しい人にはカールトリー女王が叶える。商売繁盛・金運・美貌はカールトリー女王が叶える」

動画の女性にはカールトリー女王が憑依しているからあのようになっているのだとのこと。カーマスートラとは古代インドで編纂された性愛奥義書のことで宗教とは無関係のはずなのですが…。

ネット上ではこの儀式は誰もが性行為を連想すると言った声が大多数で、神への崇拝に甚だ不適切だ、そもそも何の宗教なのだとの批判で大炎上してしまいました。

さらに驚かせたのは、その崇拝の対象、カールトリー女王の像。裸で股を広げてしゃがむ姿の像は胸はもちろん、陰部までが作り込まれているのです。キング先生が職人にエー先生の写真を見本に渡して作らせたものだそうです。


現地メディアも全てモザイクで報道

カールトリー女王についてキング先生は、自分の夢に何度も出てきて人を助けたいので自分を作ってほしいと訴えたことからこの儀式を始めたとのちに語っています。

カールトリー女王は誰にでも憑依するわけではなく、動画のような症状が起こらなければ代金は一切不要。その代わり成功したら499バーツ(約1,600円)を支払ってもらうとのこと。祈祷はキング先生が行い、エー先生は踊りを奉納する役目をしているそうです。

報じたTVニュースはどの局でも動画にはボカシを入れ音声は流さず、カールトリー女王像の写真にもボカシを入れざるを得ませんでした。

参考記事:女性の下着を透視するなど楽しいヨガ・サークルだったオウム真理教が「殺戮集団」へと変化した決定的瞬間 | TABLO

大炎上の上メディアでも取り上げられたことで、キング先生はカールトリー女王像は不適切だったかもしれないと認め、世間を騒がせたことを謝罪しました。その後問題の動画とカールトリー女王像の写真もFacebookから削除しています。

それでも3月25日にはエー先生がFacebookに50分ほどの動画を投稿して疑問点などに答えているので、今なお続けている様子です。儀式では憑依が成功したら1回目で体中が痺れ、2回目で何かを話したり体を動かしたりし始め、3回目でより強く憑依するようになると妙な説得力をもって語っています。

話題になったことで問い合わせが急増したそうです。商魂のたくましさもひょっとしたらカールトリー女王のご加護の賜物なのかも?(取材・文◎赤熊賢)