清田秋江(仮名、裁判当時63歳)には、平成17年から18年の間に複数回万引きで謙虚された前歴がありました。夫と離婚し、女手一つで4人の子供を育てていく中で経済的に困窮して万引きをしてしまったのです。 ...

  傍聴席から見た小柄で細身の西巻秀平(仮名、裁判当時54歳)の姿は、どこか神経質そうな雰囲気が漂っていました。 彼はコンビニでスポーツ新聞とタバコを万引きしたという窃盗罪で裁判を受けていま ...

  都内に以前からとても評判になっている一軒のパン屋があります。この店の目玉商品は食パン。1日に10本ほど数量限定で販売される食パンは1斤1000円という値段にも関わらず、すぐ売り切れてしま ...

傍聴のために裁判所に通っていると、書店で本を万引きする、という事件の裁判を傍聴することが頻繁にあります。だいたいが転売目的での犯行ですが、中には実際に本を読みたくて万引きする者もいてその動機は人それぞ ...

吉田三郎(仮名、裁判当時49歳)は被害店のスーパーでは以前から万引きの常習犯としてマークされていました。盗む商品はいつも高額なウイスキーです。 そこまでバレていれば捕まるのも時間の問題です。ある日、と ...

今江ひろ子(仮名、裁判当時56歳)が初めて万引きをしたのは約15年前、40歳くらいの時でした。それから何度も万引きを繰り返し、前歴8件罰金前科1犯という犯歴を重ねました。それでも彼女は再び万引きで逮捕 ...

元マラソンランナーが万引きで裁かれ、涙を流しながら語った「体重制限」というパワハラはどんなものだったのか。それは直接、万引きに繋がるものなのか。取材から原因を探りたい。