前澤社長の一億円バラまき当選者は「こんな人達でした」というオチ 「問題なし」とツイッター社

2019年01月09日 100万円 ZOZOTOWN お年玉 前澤社長

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

maezawa2.jpg当たった人おめでとう! ツイッターより


 今月5日に「100万円を100人にプレゼント」という総額1億円のTwitter企画を打ち出すと、瞬く間に420万件を超える応募が集まり、これまであったRT日本記録を軽々と更新という賑々しいニュースで2019年をスタートさせたZOZOTOWN代表取締役の前澤友作氏。

 該当のTwitter企画はTwitter社のガイドラインに抵触するのではとの指摘も多く出されたが、この疑念についてはTwitter社側が「前澤さまの個人によるツイートはTwitterの利用規約に違反はしておりません」と発表。

 続けてTwitter社のキャンペーンガイドラインに抵触するのではという重箱の隅をつつくような指摘も出されたが、結果的にこれらの疑念についてもTwitter社側の回答は「問題なし」とのものとなった。

 上記の流れをみても分かる通り、どうしても前澤氏の企画を怒りの矛先にしたい、あるいは難癖をつけたい、企画自体を潰したいと躍起になっている勢力があるようで、もちろん当選者発表にも物言いがつくということになってしまった。

 DMにて当選の通知が当選者へと送られるとTwitter上には続々と当選の喜びや感謝の言葉を記すものが出てきたのだが、これらの人物のほとんどが実名アカウントで研究やアート活動を行っているなど、社会的生産性が高いと思われるような人物ばかりだったのだ。

 この当選者の傾向に対し「抽選ではないのでは」「リプで夢語りしてるひとばかり」「抽選じゃなく厳選」とまたも問題提起が出されることに。

 一連の流れにはインターネット上の議論も加速している。


「そういう人間にあたってよかったじゃん」
「そりゃ金出すにしても出来るだけ生産的な事に出したいのは当たり前じゃね」
「ランダムに抽選とは言ってないが」
「抽選ではあるんじゃないの? 無作為とは書いてないし」
「誰でも当たるわけないだろ。考えなくてもわかるわ」
「宣伝なんだからそりゃその辺のようわからん垢にはやらんだろ。ボランティアじゃねーんだぞ」
「抽出して選ぶのが抽選 と考えるとランダムではないんやな。抽選て」
「当たらなかったクズどもの逆恨みが楽しみでつ」
「botで垢量産しまくってるゴミに当選させない方が1億倍マシ」


 どうやら一部の怒りたい勢力以外からは理解や歓迎の声のほうが多く寄せられているようだ。

 いずれにせよ当選発表でも一波乱ということで、該当企画が1億円では到底生み出せないほどの大きな広告効果となった点は、前澤友作氏の手腕によるものだったのだろうか、それとも"もっている"人間だったからなのだろうか。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > 前澤社長の一億円バラまき当選者は「こんな人達でした」というオチ 「問題なし」とツイッター社

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する