あかるく賑やかな商店街の中にあって「呪いの絵馬が溢れる神社」 ※写真閲覧注意

2018年05月24日 Mr.tsubaking 呪い 絵馬 縁切り神社

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

 私たちは、様々な「縁」のなかで生きています。会社・家族・恋人・友人など、その「縁」に救われることも多くありますが、ギスギスした現代、誰にでも「切りたい縁」もあるのではないでしょうか。

 そんな「縁切り」を願う人のための場所があります。家族連れであかるく賑やかな、板橋本町商店街の中にある榎大六天神という神社で、小さな祠ですが日本書紀にも登場するアヤカシコネノカミという御祭神がまつられています。


enkiri01.jpg


 縁切りの効験があるとされるのは、この神様ではなく小さな敷地にたつ大きな榎の木。


enkiri02.jpg


 かつてはここに槻(ツキ)の古木も並んで立っており、榎(エン)と槻(ツキ)で「縁が尽きる」とされた、民間信仰からきているようです。
 単なるダジャレと侮ってはいけません。この縁切り榎の前を嫁入り行列で通った女性の結婚が、うまくいかなかったという話は多く、迂回路まで作られたほど縁切りの効験は強いのです。

 そんな縁切り榎には、あふれんばかりの絵馬が奉納され、その多くに強烈なまでの縁切りの祈りが記されているのです。


enkiri03.jpg


 文字からも怒りと恨みがにじみ出ています。会社名や個人の実名までが克明にしるされていることで、生々しさに満ちています。


enkiri04.jpg


 不倫の逢瀬の成れの果てでしょうか。最初は叶わぬことと知っていながら、いつの間にかハマってしまったドロ沼。手に入れたとて、幸せになれるとは思えないほどの嫉妬の炎が燃え盛っています。

 実は「縁切り榎」というものは、やめられない酒やギャンブルなどとの悪縁を断つ、ひいてはそうした悪縁から距離を置けない「弱い自分との縁を切る」という願掛けをしにくる方も多い場所です。
 しかし、きちんと自分と向き合おうとしている健気な願いも、自分と他人を貶めるような悪態にも似た願いにかき消えていて、なんだか現代の社会をそのまま写しているようにさえ見えてきます。


enkiri05.jpg


 実名ばかりか小学校の名前まで書かれています。さらに画鋲を突き刺してその恨みを込めています。この学校に通う子どもたちの目に触れないことを願うばかりです。

 Twitterやネットへの罵詈雑言などは、自宅でベットに寝転んで指先一つで手軽にかけるため、そのウラにある怒りや恨みは大したことでないものがほとんどです。
 一方で、ここに並ぶ絵馬により強い恨みを感じるのは、都心部からも離れたこの場所までわざわざやって来て、お金を払って絵馬を購入して書いているという事実。

 とてつもない恨みの衝動がなければ出せないエネルギーが、ここには渦巻いているのです。

 しかし日本人は元来、エネルギーは負にも正にも転換できると考えていました。
 たとえば「祈る」と「呪う」という、真逆にも見える二つの言葉は「宣る(のる)」という、ひとつの言葉から発生しているとも言われています。

 そう考えると、この縁切り榎に渦巻く負のエネルギーも、アヤカシコネノカミが無化したり正のエネルギーに変換してくれるのかもしれません。
 神様のまえで唱える「祝詞(のりと)」も、「祈る」や「呪う」と同根の言葉であることは、もうお気付きの通りです。(連載・Mr.tsubaking 『どうした!? ウォーカー』第十回)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > オカルト > あかるく賑やかな商店街の中にあって「呪いの絵馬が溢れる神社」 ※写真閲覧注意

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する