グルメは食糧危機を救う?カンボジアに行って"昆虫食"を試してみた

2016年02月03日 カンボジア グルメ 昆虫食 食糧危機

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

 昆虫食ときくと眉をひそめる人が多い。前近代的だとか、まずそうだとか、食べてもいないのに、苦手意識を持っている人が大半ではないだろうか。世界的に見れば、けっこうあちこちで昆虫は食べられている。韓国では蛾か何かのサナギが屋台で売られているし、中国だったか、東南アジアだったか、バッタやクモ、サソリといったものが食材として市場に普通に売られていたりするのを見かけた記憶がある。

■アンコールワットの城下町で

 カンボジアを旅行したとき、昆虫食を試してみた。場所はアンコールワットの城下町ともいえるシェムリアップ。この町をほっつき歩いていると、路上に何種類かの昆虫が揚げた状態で売られているのを見かけたのだ。屋台のテイクアウトの店で、若い女の子がタガメとコオロギとゲンゴロウといった昆虫を素揚げにしていた。

201003cambodia_2234.JPG

201003cambodia_2233.JPG

 僕がカメラを向けると、その彼女、ゲンゴロウを口にくわえ、手招きするではないか。若くてかわいい女の子と昆虫食というギャップと、売ってみせようという売り子の熱意にほだされて、試しに買ってみた。タガメとコオロギとゲンゴロウでまとめて3ドルだった。

 昆虫だけ食べるのはきついのでスーパーで瓶ビールと果物とミネラルウォーターを買って、安宿に戻ってからトライすることにした。

 コオロギはさくさくとしていて、エビの殻のよう。タガメは一つが5センチほどもあってけっこうグロテスク。かみちぎる行為に抵抗を感じたが、ビールを飲んでいるうちに抵抗感は薄れ、歯ざわりのさくさくさがなかなか気に入った。どちらも古い油を使っていたのか、食べるたびに胃が重くなるし、味らしい味もないが、ビールのつまみとしては案外悪くない。昆虫と目をあわせなければ、という条件がつきはするが。

201003cambodia_2239.JPG

 問題はゲンゴロウだった。カブトムシ同様の甲虫なので、殻が固くなかなか噛みちぎれない。しかも、ゲンゴロウを食べているころには、やすみなく1時間半もたっていたためか、ビールと果物とミネラルウォーターで胃を休めながら食べていたが、それでも胃もたれがひどく、やむなくギブアップとなった。虫をくわえてくれた屋台のお姉ちゃんには悪い気がしたが、それ以上は食が進まなかった。

 いい油を使っていて、かつ、昆虫と目を合わせなければ、じゅうぶん食える。今後、さらに人口が増え食糧危機が慢性化しても、昆虫を食べていけば生き残れる。そのことがわかってよかった。

Written&Photo  by 西牟田靖

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > オカルト > グルメは食糧危機を救う?カンボジアに行って"昆虫食"を試してみた

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する