「3年A組」で好演 おバカキャラのほか"足くさキャラ"だった川栄李奈は、なぜ「元AKB」で最も女優として成功したのか

2019年02月12日 AKB おバカキャラ 久田将義 川栄李奈 足くさキャラ

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする


kawaei.jpg川栄李奈ファーストフォト&エッセイ『これから』


 AKB48で一期生、つまりAKBが出来た時から活動しているメンバーは峯岸みなみさんだけになっています。「AKB」の肩書が取れたとき、芸能人としての露出がどれだけ減るのかどうか、その先の不安を峯岸さんは知っています。自ら自虐ネタで「しがみついている」と言っているほどです。

参考記事許せない...AKB48握手会襲撃「容疑者はジャンパーに凶器を隠し持っていた」

 AKBは甲子園みたいなものです。甲子園ではスターでもプロになってから活躍出来る人は一握り。AKBと似ています。乃木坂46、欅坂46も同様でしょう。

 現在、最も活躍している元メンバーは川栄李奈さんでしょう。CM、ドラマ、映画と彼女を画面で見ない日はないほど。卒業後、「AZUMI」で存在感を出し、菅田将暉、池松壮亮、東出昌大という若手注目俳優の出演で話題になった「デスノート」に短い時間ながら出演。存在感を示しました。

 現在テレビドラマ「3年A組」に絶賛出演中。その安定感は揺らぎません。設定とは言え、AKB時代の「おバカキャラ」「足くさキャラ」など、今は誰も思い出さないでしょう。

参考記事好調ドラマ『3年A組』を支えているのは菅田将暉らキャストだけではなかった ある"カリスマたち"の存在が

「足くさキャラ」は文字通り、「川栄李奈の足がくさい」とメンバーが暴露し、川栄李奈さんが「そんなことないですよー」と言いながら、番組MCにかがせ「くさっ」と言わせる定番の流れでした。
 バラエティでも当時、横山由依とのコンビで「横栄」として、女優顔負けのコントでその片鱗を発揮。その時から演技の上手さはファンの間で噂されていました。
 しかし、不幸な事件があり、そこから握手会を休むようになりました。

参考記事川栄李奈の卒業とAKB48襲撃事件に思うこと|久田将義コラム

 当然です。あのような事件があったらトラウマにもなります。アイドルだけがその人の人生ではありません。「幸せ」になるのが一番の目標でしょう。引退して普通の人になる、結婚する。舞台をする(この流れが最も多いと言われる)、女優になる、バラエティタレントになるなどなど、アイドルと言えど人間です。

「足くさキャラ」は設定だとしても、川栄李奈の人気はAKB内にいても上がっていたでしょう。「りっちゃん、可愛いっすよ」そう言うファンも見受けられました。

「3年A組」は「これからの若手俳優・女優」を一同に集めたのが話題になりました。川栄李奈はそこでも存在感を発揮しているのはさすがでしょう。息の長い事由になっていく気がしてなりません。(文◎久田将義)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 「3年A組」で好演 おバカキャラのほか"足くさキャラ"だった川栄李奈は、なぜ「元AKB」で最も女優として成功したのか

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する