「歌もダンスも大好きだから妥協せず完璧なものを見せたい」と語る15歳 NMB48 本郷柚巴

2018年03月30日 AKB48 NMB48 インタビュー チームN 山本彩 本郷柚巴

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

48グループ次世代メンバーインタビュー&動画
「全盛期のAKB48を取り戻したいです」

P1030526.JPG

「根性ありそうだな」というのが本郷さんと受け答えしていての実感でした。確かにライバルと言われる坂道グループの勢いは誰もが認めるところですが、「そうも言っていれない」という雰囲気を出すガッツあるメンバーが出てくるのは48グループにとって心強いはずです。得意の裏拳でいい意味で「暴れて」欲しいものです(裏拳動画あり)。



――本郷さんはドラフトで入られましたけど、受けたきっかけとか動機を教えてください。

本郷柚巴(以下・本郷):初めはNMB48の山田菜々さんが卒業されるということで、ポスト山田菜々オーディションがあったんですよ。それに参加したんですけど、第三次審査で落ちちゃって、、、。チームNに入りたかったので、第2回ドラフト会議で必死にアピールして、指名していただきました。

――チームNにどうしても入りたかった理由ってなんですか?

本郷:ずっとあこがれてる先輩がいて。山本彩さんなんですけど。彩さんの後を継げる存在になりたいなと思いまして。それでチームNに入りたいなと思って。

――出身は大阪ですよね。

本郷:はい。

――NMB48の魅力はなんですか?

本郷:やっぱりお笑いとかにも気を遣えるというか。新喜劇とかたまに出させていただいたりしてるんですけど。

――え、もう出てらっしゃるんですか?

本郷:私はまだ一度も出たことがないんですけど、シングルの劇場盤に新喜劇が収録されてたりするんですよ。そういうのがあって、お笑いでは他の48グループには負けてないかなって。

――『AKB48 SHOW!』とか観てても面白いですもんね。チームNの雰囲気はどうですか?

本郷:まじめなメンバーさんが多くて、やると決めたことは絶対やり通すし、メリハリがあるといいますか、ふざけるところはめっちゃふざけるけど、リハーサルとか振りを合わせるところはみんな円になって話を聞いて合わせたり。そういうのは一番まじめなチームだと思います。チームNのメンバーはチーム愛が強いです。

――お笑いのお手本ってどなたかいらっしゃいますか?

本郷:彩さんがサラッと言うことがすごい面白いんですよ。ツッコミだとか、そういうのが面白いし、彩さんはツッコミもできるしボケたりもできるので、そういうところがすごいなって。

――歌もうまいしスタイルもいいしルックスもいいし、すべて良いですね。

本郷:そうですね。

――あ。「特技が寸止め裏拳」ってことですけど、あとでやってもらっていいですか?

本郷:はい、ぜんぜん。久しぶりにやる(笑)。たまに当たってしまいそうな時もあるんですけど。

――あとで僕にやってください。止めていただける前提ですけど。

本郷:止められるように頑張ります(笑)


P1030508.JPG

――NMB48は初期のときから見てますけど、元気があってお笑いも、みたいなグループですよね。

本郷:そうです。

――そのチームに、2015年に入られて、2年半ぐらい経ちますけど、慣れました?

本郷:初めはチームNに入らせていただいたんですけど、周年ライブで大組閣があって。私はチームNにいさせていただくことができたんですけど、いままで一緒にいた先輩が卒業したり離れたり、、、。新しい環境でメンバーと一緒にまたチームを盛り上げていくっていうのはすごい不安があったんですけど、いまはもうそれはなくて楽しく過ごせています。

――力強い言葉ですね。目もキラキラしてて。

本郷:フフフフ。

――NMB48の好きな曲って何かありますか?

本郷:私が山田菜々さんのオーディションを受けるきっかけになった『絶滅黒髪少女』です。

――名曲ですね。

本郷:PVを観て、こんなカッコいいダンス踊れるグループがあるんだって知って、そこで受けたいなっ
て思いました。

――PVもカッコいいですよね。

本郷:カッコいいですね、日本って感じが出てるなと思って、すごいカッコいいなと思いました。


P1030537.JPGほんごう・ゆずは 2003年1月12日大阪府出身 B型
NMB48 チームN メンバー
お父さんから習った『裏拳』を久田に......!


――いまおいくつでしたっけ?

本郷:15歳の中学3年生です。

――ですよね。見えませんね、しっかりしすぎてリーダーみたいな感じですよね。気持ちとしては引っ張っていくというか盛り上げる感じなんですかね。

本郷:そうですね。以前、研究生公演をドラフト2期生と研究生でさせていただいたんですけど、そこでは私たちドラフト2期生が先輩なので、引っ張ることが多くて。
だから頑張るぞって気持ちが強かったんですけど、いまはドラフト1期生から5期生までで構成されたカトレア組で『ここにだって天使はいる』公演をにやってるんですけど、ドラフト1期生が先輩なので、いまはずっと引っ張られてるというか。
自分の気持ちはどうなんやろうと思って。前まではもっと頑張ろうと思ってたんですけど、そうやって引っ張られていくと先輩に頼ってばっかりになってしまうので、そこはダメな部分だなって感じてます。

――いやぁ......しっかりしてますね。自分に厳しい感じがしますね。

本郷:そうですね、甘えたくないですね。

――歌もダンスも妥協しないタイプのようなイメージがありますよ。

本郷:そうですね、歌もダンスもどっちも大好きで。その面でも完璧なものを見せたいなと思うので。

――コントも。

本郷:そうですね、コントも(笑)。

――じゃあ、そろそろ裏拳よろしいですか? ホントすぐ済みますから!(笑)

本郷:全然大丈夫です!

(インタビュー◎久田将義/写真◎編集部)


  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 「歌もダンスも大好きだから妥協せず完璧なものを見せたい」と語る15歳 NMB48 本郷柚巴

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する