ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか

【愛人リスト】岡田斗司夫氏の野望ルーツを辿ると予想外の人物が...|ほぼ週刊 吉田豪

2015年01月26日 吉田豪 岡田斗司夫 愛人騒動 流出リスト

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

syokugyourock.jpg

 前回、「岡田斗司夫が中学時代からモテ続けてきたと公言しているのはたぶん嘘で、中年になってからおっぱいパブで女遊びに目覚めたのが真相だと思う」という仮説を立てたわけですけど、その原稿をメールした直後、新たなタレコミが入りました。「ああ、昔から岡田さんがモテてたっていうのは嘘だと思いますよ。たしか、きっかけはおっぱいパブで......」って、やっぱりそうだったんだ!

 ほかにもいろいろ聞いたんですけど、どうも岡田斗司夫がおかしくなったのは01年に突然恋愛本を出し始めた頃だった模様。本のためのリサーチと称して身近な人に性体験を取材しつつ口説いたり、身近じゃない人もネットを通じていろいろ口説いたりと行動が活発になり、それでちょっとやらかしてパイプカットする羽目になったりで、「最盛期には愛人が80人いた」と豪語する性のレッドショルダー部隊が誕生したわけですよ!

 で、その野望のルーツを辿ってみると、どうやら大槻ケンヂとの出会いも大きかったとのこと。オーケンと一緒に番組に出たり対談したりイベントをやったりするうちに、バンギャに手を出すオーケンを見て「これだ!」と開眼。しかし、自分のオタクイベントには女性客が全然いないから、そのうち恋愛論とかダイエットとか女性受けのする方向の仕事を増やしていったってことらしい。

 ただ、バンドマンとバンギャの場合はお互いの利害が一致してるからいいけど、岡田斗司夫の場合はそこがなかなか一致しないから、「君は才能があるから売り出してあげるよ」とか「君にメイド喫茶を持たせてあげるよ」とか「結婚しよう」とか利益めいたことをチラつかせるようになったんじゃないか、と。それがただの嘘で終わること多数なのに、さらには「女に金を使わない」というモットーで無差別にヤリまくってたら、そりゃあいつかは大惨事にもなるよなあ......というのが、今回の騒動の全てなんだと思ってます。昔からモテてきた人は、そんな下手な口説き文句は使わないはずだもんなー。

Written by 吉田豪

Photo by 40代、職業・ロックミュージシャン

40代、職業・ロックミュージシャン

影響受けやすい人かも。

amazon_associate_logo.jpg

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 連載 > 【愛人リスト】岡田斗司夫氏の野望ルーツを辿ると予想外の人物が...|ほぼ週刊 吉田豪
週間ランキング

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する