ASKA、清原和博、酒井法子......薬物疑惑芸能人たちの救世主・X医師が破産から復活し新たに開業していた!

2018年01月12日 

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

urashakai.jpg

ASKA、清原和博、酒井法子という〝覚醒剤御三家〟の主治医を務めたX医師が芸能関係者の間で注目されている。

93年7月に設立された「Xクリニック」は、疲労回復に効く「ニンニク注射」で話題を集め、05年4月期には約3億4800万円の年間売上高を計上。全盛期にはXJAPANのYOSHIKI、小室哲哉などが足繁く通っていたようだ。その後、事業拡大が裏目に出て、業績は悪化。X医師が代表を務めていた医療法人社団「T会」が破産したのは14年6月のことである。

「X医師の元にはミュージシャンのTやM、アイドルのKなど、薬物疑惑のある芸能人が『どうにかしてほしい』と頼ってくることが少なくなかった。
彼が一躍有名になったのは、週刊文春が報じたASKAの覚醒剤中毒報道。そのときASKAは取材に対し、『X先生にアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方してもらっていた。僕が使っていたのは覚醒剤じゃない』と苦しい言い訳をしていました」(芸能関係者)

破産から約3年半が経過した昨年12月15日。X医師は人知れず東京・六本木の一等地にクリニックを開業し、ふたたび表舞台に戻ってきたのだ。現在、X医師のスポンサーとなっているのは、全国にマッサージ店を開業するB社。社会部記者が解説する。

「B社は決してクリーンな会社ではありません。昨年暮れ、東京地検特捜部は法人税法違反(脱税)で同社を起訴しているのです。架空の手数料を計上するという典型的な手口で約1億7800万円の所得を隠し、法人税計約4300万円を免れたという犯罪事実。隠した所得は不動産購入や海外のカジノなどに使われたと見られています」

前出の芸能関係者がX医師の今後を占う。

「開業の噂はたちまち芸能界を駆け巡り、かつて〝上客〟だった芸能人が人目を忍んでクリニックを訪れているといいます。
同クリニックのもう一つの目玉は高濃度ビタミン点滴。体内から覚醒剤を抜く作用があると信じられており、一時的にクスリを抜くために注射を打ちに来る一般患者も多いようです」

B社という新たなスポンサーの後ろ盾を得て〝復活〟を遂げたX医師だが、果たして勝算はあるのだろうか。


取材・文◎中山桃子

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ >  > ASKA、清原和博、酒井法子......薬物疑惑芸能人たちの救世主・X医師が破産から復活し新たに開業していた!

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する