人気候補と言われた、みんなの党・桐島ローランド氏にまつわる恥ずかしい「ある噂」

2013年07月21日 参院選 政治 芸能

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

ID-10012047.jpg

 みんなの党の公認候補として東京選挙区から出馬している桐島ローランド氏。ハンサムな外見とソフトな語り口で大量に票を集めるかと期待されたが、実は意外と健闘できていない。事前調査によると、ローランド氏の公認発表前には「1議席獲得は確実」と見なされたみんなの党は、ローランド氏の公認発表以降は一気に下落。当選ラインの下を這っている。

 

 当初、そのローランド氏の選挙活動につきっきりだったのが母親の桐島洋子氏だ。大宅壮一ノンフィクション賞受賞の有名作家である母親の知名度を利用しているかのような選挙活動は、週刊誌に「"おかあさんといっしょ"とからかわれた」と揶揄された。 

 これがローランド氏にはものすごくショックだったらしく、以降は洋子氏の応援を封じてしまった。そして7月13日に有楽町で行った街宣では「僕はマザコンではありません」ときっぱり否定している。

 だが実際の洋子氏の影響力はそんなに大きくないようだ。公示日の4日、有楽町駅前で洋子氏は演説するローランド氏を見守っていた。その姿は明らかに子どもを心配する母親だったのだが......。

 その洋子氏にひとりの若い選挙スタッフがすたすたと近づき、ローランド氏のビラを渡そうとした。選挙スタッフは洋子氏をローランド氏の母親とは知らず、一般聴衆のひとりと勘違いしたらしい。苦笑いしながらやんわりと、それを断る洋子氏の姿が目撃された。

 それにしてもみんなの党の選挙スタッフが桐島洋子氏の存在も知らないとは......。



Written by 安積明子

Photo by Michal Marcol

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

元ヒルズ族・松田公太議員に囁かれる「危機」とは

福島第一原発事故、除染作業中に見た不気味な黒い袋

衝撃の本『いびつな絆 関東連合の真実』を出版した 宝島社の思惑

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > 人気候補と言われた、みんなの党・桐島ローランド氏にまつわる恥ずかしい「ある噂」

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する