キレた19歳警察官が上司の巡査部長を銃殺 現役警察官に直撃「他人事ではありません」

2018年04月13日 19歳 キレる 少年犯罪 巡査 警察 

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

chi.jpg


 滋賀県彦根市の県警彦根署河瀬駅前交番で11日夜、井本光巡査部長(41)が拳銃で殺害されました。しかも犯人は同僚の男性巡査(19)である事が判明。警察官が貸与された拳銃で同僚を殺害する事件は初めてです。

 井本巡査部長が先月末から教育係を務めていました。そこで何らかの、いざこざがあったからという報道散見されますが、果たしてそのような事で銃殺に至るでしょうか。

 現役警察官に聞いてみました。


――こんな事件、聞いた事がないのですが。

「他人事ではないですよ。恐らく、精神的なものが要因ではないでしょうか。勤務に問題がある警官には拳銃は持たせていませんが、警察官の職務執行上、地域警察官は携行しなければならない。管理は徹底してはいますが......」

sairen.jpg


――この事件はなぜ起こったのでしょうか。警察が抱えている「闇」みたいなものでしょうか。

「今は、『若い警察官を後継者として育てなさい』とか『叱ると辞めるから叱るな』とか言われています。が、やはり後継者育成としては、間違ったことに対しては怒らないといけません。
 今回の件も、実は報道されているような、怒られたから等という理由ではないかと思います。もっと深いものがあるような気もします。これで『叱るな令』みたいなものが出る可能性もあります。こんな事をしていいれば、後継者など育つ訳がないですよ」

 と、不安と憤りが混じった様子でした。不祥事をとにかく隠蔽する体質のある警察ですが、今回は「警察の闇」が垣間出てしまった悲劇ではないでしょうか。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > キレた19歳警察官が上司の巡査部長を銃殺 現役警察官に直撃「他人事ではありません」

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する