あさりたっぷりの「クラムチャウダーラーメン」いけました|ビバ★ヒルメシッ! 文◎久田将義

2018年02月02日 

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

kuramuramen.jpg


創作ラーメンというものを食べたいと思っていました。東京駅の地下にラーメンストリートがあるのでいつもそこに行きたかったのですが、だいたい新幹線の帰りって疲れているじゃないですか。すぐに家に帰りたいので創作ラーメンを食べるのをスルーしていました。
で、東中野駅にお目当ての「ある料理」を食べに行ったら、残念。閉まっているではありませんか。「出直そう」そう思った僕の目に「クラムチャウダーラーメン」の文字が。

「これ、創作ラーメンじゃん」

すぐに店に入りました。昼過ぎでしたので客は僕しかいません。「クラムチャウダーラーメン」を注文。
僕はそもそも、牛乳をストレートで飲むことは不可能ですが、牛乳を使った料理は大好きなのです。ですから、クラムチャウダーなんかも当然好きです。

それにラーメンが合うかどうか。

運ばれてきました。ジャガイモや香草で飾られているところなど、見た目はクラムチャウダーです。スープを一口。うん、美味い。当然ラーメン用にアレンジされているクラムチャウダーですが、考えみればスープスパというジャンルがある訳ですから、合わない訳がなかったのです。

チャーシューも薄いですが、洋風にアレンジされていてハムのような食感です、麺は中細。まさにスパゲティですね。多分、スープスパをアレンジして出来たのではないでしょうか、などと想像します。

このラーメンの偉いところは、あさりがスープの下の方にたっぷり隠れている点。カラ入れが置かれていたので、まあまあの量があるんだろうなぐらいに思っていたのですが、カラ付きあさり以外の身も出てくる出てくる。確かにクラムチャウダーとしても完成されていました。

麺を食べ終えてからでも、スープの底にあさりが残っていました。全部食べてしまいましょう。スープスパならぬ、スープラーメンという様相でした。
「クラムチャウダーラーメン」。
僕より後から入ってきた客が同じものを注文していましたが、スープ売り切れで断られていました。やはり、皆さん、寒い日は優しい味で癒されたいものなのでしょう。


文◎久田将義

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > あさりたっぷりの「クラムチャウダーラーメン」いけました|ビバ★ヒルメシッ! 文◎久田将義

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する