あの文化人も愛するノスタルジーな老舗喫茶 高円寺『七つ森』でビバ★ヒルメシッ!

2018年05月16日 オムごはん ヒルメシ 七つ森 阿佐ヶ谷ロフトA 高円寺

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

 高円寺に住んで早4年。すっかり街にも馴染みはじめ、仕事の作業や本の世界にどっぷりと浸りたいときによく喫茶店へと足を運ぶ。

 新宿なら銀色の世界が漂うルノアールやらんぶる、西武に行き、阿佐ヶ谷ではgionへよく行く。そんな喫茶店の中でも一番わたしが多く訪れているのが高円寺にある「七つ森」。
 新高円寺駅からルック商店街を真っすぐに進み、最初の信号機右手が「七つ森」さん。


001.jpeg


 創立当初の雰囲気をそのままにしたレトロな外観。もちろん、内装も昭和の雰囲気が漂い読書をする人、お友達とゆっくり楽しい時間を過ごす人で店内はいつも賑わっている。

 わたしが行くと必ず注文をするもの。ウィンナーコーヒー。アイスコーヒーにガムシロップで少し甘味が加えられ、そこにたっぷりの生クリーム。そのガム入りの甘さがとても好みで(基本、冬でもずっとアイスコーヒー。そして、ミルクは入れずガムシロップのみを入れて飲むのが好き)、上の生クリームが硬すぎず、柔らかすぎず、絶妙な固さを保ち最後まで美味しく味わえる。


002.jpeg


 喫煙者にとって、この組み合わせほど幸せを感じるものはないだろう。そして、ゆったりと心地良く流れる店員さんによる選曲の音楽をBGMに読書を進める。最高に贅沢なひととき。

 この七つ森さんには、森本レオさんをはじめたくさんのファンがおり、当店阿佐ヶ谷ロフトAにもご出演して頂いている大槻ケンヂさんもその一人。

 そして、七つ森さんへ訪れたら是非、食べて頂きたい名物"和風オムライス"こと「オムごはん」


003.jpg


 この"オムごはん"は間違いなく他の喫茶店では食べられない一品。
 牛肉のしぐれ煮と白いごはんを混ぜ合わせ、注文を受けてから作るほわっほわの柔らかいオムレツ。
元々オムライスが大の苦手で、その苦手の原因が"ケチャップライス"なわたしにとって、七つ森さんでこの"オムごはん"に出会ったときは本当に嬉しく、それ以来すっかり"オムごはん"のファンになってしまいました。


004.jpeg


 ゆったりとした空間で好きな時間を過ごした後のお会計。ここでも七つ森さんの温かさを感じることができるでしょう(※くれぐれもお会計の時、お財布に5円玉があっても出さないように)。

 ステキな御縁が七つ森さんに訪れたあなたに訪れますように...。(文◎おくはらしおり@阿佐ヶ谷ロフトA 「ビバ★ヒルメシッ!」)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > あの文化人も愛するノスタルジーな老舗喫茶 高円寺『七つ森』でビバ★ヒルメシッ!

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する