「ドラえもんはF先生と僕が描いていました」 突如語られたドラえもんの黒歴史 この作者はいったい誰!?

2019年02月05日 えびはら武司 ドラえもん 藤子不二雄 黒歴史

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

doraemon.jpg『ドラえもん 第一巻』より


 今年で50周年を迎える国民的漫画『ドラえもん』の黒歴史を元藤子スタジオアシスタント、漫画家・えびはら武司氏が告白したことが話題になっています。

 藤子不二雄のアシスタントとして、『ドラえもん』黎明期に活躍し、ジャイアンの『たけし』という名前の由来になった方のようです。えびはら武司氏はいったいどんな方なのでしょう。

参考資料ネット民が痛烈批判 打ち切り宣言された漫画家がツイッター上で「宣伝して」

 代表作は『まいっちんぐマチコ先生』です。
「藤子不二雄作品『エスパー魔美』のアシスタントを経て、1980年から少年漫画『まいっちんぐマチコ先生』(学研)を連載、81年からテレビ東京でアニメ放映されました。
 ヒロインの女教師の乳房の露出があったり、スカートめくりや胸を触ったりする少年が描かれたりしていたので、PTAなどからの苦情が多く、82年には京都で『マチコ先生に抗議する会』が結成され、83年には放送が打ち切られました」(漫画編集者)

 ご自身も黒歴史側の方だったようです。

「『オマエのものはオレのモノ』というジャイアンのキャラクターのように欲望に素直な方です。専門学校講師をしていた時に学校見学に来た女子高生を入学させずに自分の漫画スタジオのアシスタントに迎えて、結婚しました。欲しいものは、自分で掴む清々しさがあります」(漫画編集者)

 さらに様々なドラマがある方のようです。

「漫画の復刻、デジタルコンテンツ、実写版、パチンコ台等で、21世紀に入る頃から『まいっちんぐマチコ先生』は再ブームが来たのですが、契約を天秤にかけたり、嫌いな奴に嫌がらせしたりする手法が痛快でギャグ漫画のようでした。海老根印をさりげなく使用して無効な契約書を渡されて、地獄に送られた人もいましたよ」(漫画編集者)

 昨年『藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 ドラえもん達との思い出編』を刊行したえびはら武司氏の想い出錬金術から、学ぶこともたくさんありそうです。(文◎安倍しんのすけ)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > 「ドラえもんはF先生と僕が描いていました」 突如語られたドラえもんの黒歴史 この作者はいったい誰!?

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する