衝撃の本『いびつな絆 関東連合の真実』を出版した 宝島社の思惑

2013年07月19日 歌舞伎町 関東連合

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

ID-10055073.jpg この本は間違いなくヒットするだろうね」ある週刊誌編集者は言う。


「かつてのノンフィクションのヒット作、『憚りながら』(後藤忠政著)くらいの部数はいくんじゃないかな」(前出・週刊誌編集者)。

 また、著者の「工藤明男」氏は「歌舞伎町五人衆」とネットで祭り上げられているうちの一人をもじったものだと見られ、こういう点が関東連合周辺の事情に詳しい人間が書いたと推測される。勿論、「歌舞伎町五人衆」などは暴力団の世界には知られていない。ネットで自作自演し、膨れ上がったマニアの妄想のたまものに過ぎない。そういう点も踏まえて、のペンネームだと思われる。  

 確かに、今、話題の関東連合元幹部の告白本となれば、それなりのスマッシュヒットが見込める。何よりも、比較される『不良録』(双葉社)の石元太一容疑者のそれより、芸能人の具体名が散見されるからである。

 近来の芸能事務所が出版界に対する、強気な訴訟姿勢を見ていると大変危い本だと言える。ただ、芸能人の実名がこの本のキモとなっているのだろうし、話題を呼んでいるのも確かである。しかし、特に吉本芸人のクダリなどは特に、慎重を期さなければならないがかなり赤裸々に書いてしまっている。

 吉本興業と言えば、島田紳助引退問題で取りざたされ、暴力団との付き合いで問題になった企業である。暴力団排除条例が徹底されている現在、この本の内容は出版社にとって出すのが早すぎた感が否めない。もし『憚りながら』の二番煎じを狙っているのなら、著者は引退した組長であるのに対し、本書は現在進行形の事件の関係者である。かなり事情が違っているのではないだろうかと。

Written by 日刊ナックルズ編集部

Photo by Stuart Miles

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

『関東連合元幹部告白』がアノ業界にまで余波

都市論・繁華街と裏社会

尼崎連続怪死事件の関係者?からの電話

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 衝撃の本『いびつな絆 関東連合の真実』を出版した 宝島社の思惑

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する