【とろサーモン】M-1グランプリの各組得点を見ながら、ちょっとした違和感についてお話します【和牛】

2017年12月04日 

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

2017年のM-1グランプリはとろサーモンの優勝で幕を下ろしました。

和牛がぶっちぎりで優勝と思っていた人が多いんじゃないでしょうか。それを証拠にツイッター上では既に「とろサーモン叩き」の嵐が始まっています。

「とろサーモン面白くないし眼鏡の人の顔好きじゃない」

「何を言われようととろサーモンは面白くない」

「M-1 って、時々ラストイヤーとかで優勝させる時あるよね。とろサーモン面白くないし嫌いになった」

などと、ボケの久保田氏が聴いたら喜んでしまいそうな罵倒の嵐です。

その独特かつ下品な笑いで数々の仕事失ってきたお二人ですが、こんな祝福があるとは誰が想像したでしょうか。


とろサーモンは優勝したのでどうでもいいとして、問題はまたもや2位に甘んじてしまった「和牛」です。牛が鮭に負けてしまうなんて本当に悔しかったでしょう。結果発表後の和牛の水田さん(ボケ)の顔は完全に闇に入ってしまいました。

和牛が決勝で披露したネタは、ファンなら一度は見たことのある人気のネタです。しかも鉄板でウケるネタをM-1用にアレンジしていました。それが裏目に出たかどうかは分かりませんが、変えない方が面白いんだけどなあ...というのが正直な感想でした。

彼らは来年もチャレンジしてくれるのでしょうか。笑い飯のように何年もお預けを食らってしまうと、最終的に売れなくなってしまう怖さがこのM-1にはあります。


さて、そんなM-1ですが、ちょっと疑問に思った点はありませんでしたか?


実は今回から番組に一部のルール改正がありました。それは決勝の漫才披露の順番を笑御籤(えみくじ)というくじを引いて決めるというものでした。

これ、台本ではないですか?

くじで順番が決められる割には出演者たちが落ち着いているし意に介していない様子でした。しかも決まった瞬間に流れるVTRも非常に素早かったですね。おそらく、最初に順番が決まっていると視聴率に影響が出るために、誰が何番目にやるというのが分からないシステムにしたのではないでしょうか。

バラエティーですから、特に批判するつもりもありません。

むしろ「こうやっていろいろ考えて番組作りをしているんだなあ」と感心させられました。ただ、なんとなく「取ってつけた」感があったので指摘させて頂きました。違和感レベルです。

ここのところ、面白さが低迷していたM-1でしたが、2017年はとても面白い内容だったのではないでしょうか。

ちなみに編集部はマヂカルラブリーが良かったと思いましたが、お笑いのセンス無いでしょうか?


決勝での点数は以下でした。

和牛......653点
ミキ......650点
とろサーモン......645点
かまいたち......640点
スーパーマラドーナ......640点
ジャルジャル......636点
さや香......628点
ゆにばーす......626点
カミナリ......618点
マヂカルラブリー......607点


 文◎編集部

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 【とろサーモン】M-1グランプリの各組得点を見ながら、ちょっとした違和感についてお話します【和牛】

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する