『黄金世代』宣言・華の97年組の変化を感じさせたAKB成人式

2018年01月08日 AKB HKT STU 宮脇咲良 成人式

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

akbmain.JPG

2018年1月8日(月)、今年も例年の如くAKBグループの成人式が東京・神田明神にて行われた。2009年より毎年恒例となり10回目を迎えたこのお披露目会であるが、今年のメンバーの意気込みには例年以上のものを感じた。その要因となったのは、今年参加したメンバーのグループ内における「ポジション」と、乃木坂46の存在であろう。

本日参加した成人メンバーには、今のAKBグループを盛り上げようとする熱い志を持ったメンバーが集まっていたように思う。

akb01.JPG新生チームBキャプテンであり次期総監督の呼び声もある高橋朱里

 

akb02.JPG昨年の総選挙で選抜から漏れたことで反骨心に燃える向井地美音

 

akb03.JPGNMBでは山本彩からセンターを奪った白間美瑠

 

akb04.JPG今年の総選挙でセンターを狙う宮脇咲良

 

akb05.JPGスキャンダルによる人気集めを公の場で批判し、真面目にやっている人が報われるようグループを変えていきたい、と宣言した岡田奈々

 


この5名が同じ97年組だということに驚くとともに、その他のメンバーが置かれているポジションを考えても、この世代が今のAKBグループに与える影響力は大きい。
 
そして、そんな彼女たちに危機感を与えたのは紛れもなく乃木坂46であろう。「AKBの公式ライバル」として発足した乃木坂は、今やテレビ、雑誌等で見ない日は無いほど乗りに乗っている。

昨年末には初のレコード大賞を受賞し最高の形で2017年を終えた。もはやAKBが「乃木坂の公式ライバル」状態であり、形勢は確実に逆転している。レコ大の会場には97年組のメンバーも数多く出席しており、渡辺麻友の最後を有終の美で終わらせることが出来ず、相当な悔しい気持ちを覚えたと察する。

ただし、公式ライバルである乃木坂の主要メンバーが22歳から25歳なことを考えれば、この世代が中心となり、今のAKBグループに変化をもたらしていければ、2~3年後にはまたしてもアイドル界の一番はAKBだと言われる日も来るのではないだろうか。

会見で宮脇咲良は「今のAKBではレコード大賞は取れないと自覚させられた。AKBの全盛期をこのメンバーでもう一度つくって、私たちが黄金世代になる」と語ったが、確かにもう一度全盛期をつくるのだとすれば、それはこの97年組が中心となることは間違いない。

ちなみに筆者の個人的に注目の97年組メンバーは、HKT48チームKⅣキャプテンの本村碧唯である。最前線に出て来る機会は少ないが、縁の下の力持ちとしてチームやグループの為に動ける貴重な存在だ。グループが最大限輝くには彼女のようなメンバーは不可欠となる。


写真・文◎藤保真吾

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > 『黄金世代』宣言・華の97年組の変化を感じさせたAKB成人式

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する