X JAPANのToshIが路線変更? あのハイトーンボイスを封印でファンが騒然

2018年10月03日 ToshI X JAPAN カバー ハイトーンボイス ヘビメタ 台風 封印

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする


ToshI[1].jpg
 
 「台風が直撃した先月の幕張メッセ3日間公演、『RUSTY NAIL』のキーを下げて歌ったり、『We are えーっくす!』の煽りのシャウトを他のメンバーに分担したりしていたのが、ファンの間で話題になっています。SUGIZO、PATA、HEATHがシャウトするのは、レアなことで、彼等のファンは大喜びですが、Toshlの喉への負担を軽減していたのかもしれません」(音楽ライター)

 果たしてToshIはハイトーンシャウトを封印するのでしょうか。そのToshlが初のカバーアルバム『IM A SINGER』を11月28日に全世界リリースすることが報じられました。 タイトルは以下になります。

「ひこうき雲(荒井由実)
「赤いスイートピー」(松田聖子)
「糸」(中島みゆき)
「Everything」(MISIA)
「チキンライス」(浜田雅功と槇原敬之)
「道」(EXILE)
「幸せのちから」(和田アキ子)
「手紙 ~拝啓 十五の君へ」(アンジェラ・アキ)
「365日の紙飛行機」(AKB48)

 ほか、全10曲収録予定と発売元のユニバーサルミュージックのサイトには記載されています。

「売れると思います。德永英明のカバーアルバムを超えるかもしれないですね。テレビ番組で『まんが日本昔ばなし』のカバーを歌っているのを観て、声質的にToshlさんは、ヘビメタではない方が合うかもしれないと思っていました。Toshlさんは子供の頃はフォーク少年だったそうですから」(音楽ディレクター)と業界からの期待も高い作品のようです。

 しかし、ヘビメタ関係者からは、失望の声と別のアーティストの名前が浮上しています。

 「X JAPANのToshlさんは、日本のヘビメタを代表的な存在でありながら、海外のアーティストやハードロック系の楽曲をカバーしていないのが残念ですね。歌番組でToshlのモノマネをしてX JAPANを完璧に歌っていた小野正利さんの方が、その点は優れているかもしれません。小野さんは、1992年『You're the Only...』で114 万枚を越える大ヒットで紅白に出場、レコ大を受賞し、今は、GALNERYUS というバンドのボーカリストとして活躍しています。
 昨年、デビュー25周年記念で小野正利さんがリリースしたカバーアルバムでは、映画タイタニックの主題歌My Heart Will Go On / Celine Dion やボン・ジョビ等、海外の歌姫やロックアーティストを原曲よりもハイトーンで歌っていました」(ヘビメタ雑誌ライター)

 声質は、個性そのもの。その人に相応しいもので、ファンを魅了すれば十分ではないでしょうか。(文 冴島奈穂美)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > X JAPANのToshIが路線変更? あのハイトーンボイスを封印でファンが騒然

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する