女子レスリング・パワハラ問題で気を付けなければならない「相撲協会騒動」との共通点

2018年03月09日 パワハラ レスリング レスリング協会 伊調馨 相撲協会 貴乃花親方

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

sumo.jpg


 女子レスリングのパワハラ問題を相撲協会の騒動と置き換える人もいます。相撲協会騒動の流れを見てみますと、

・元日馬富士氏が貴ノ岩に暴行→日馬富士がとんでもないという風潮
・貴乃花親方が謝罪を無視する→相撲リポーターらが貴乃花親方を非難
・相撲協会=巨悪に立ち向かう貴乃花親方
ここで、貴乃花親方を熱狂的に支持する人。相撲協会に露骨に支持する人に分かれました。
そして、現在は
・貴乃花親方の雰囲気だけでなく、思想や人脈などが疑問視。

 イマココ状態で静観されている状況です。クールダウンしたと言ってよいでしょう。

 レスリング協会の場合、伊調馨選手への栄氏からのパワハラ騒動をこの図式に当てはめると、イジメられた側(伊調選手側)とイジメた側(栄氏)のどちらに着くのかという図式です。

 今回のパワハラも伊調選手側と栄氏・レスリング協会側のどらか側からの報道になりつつあります。栄氏が現在のところ、バッシングされている様相です。気をつけなければならないのが、伊調馨選手vs栄氏という図式が、伊調馨選手vs「栄氏と吉田沙保里選手を含む栄氏の愛弟子たち」というように広まっています。

 選手たちに罪はないです。

 ひたすら厳しい練習に耐え、ライバルたちに勝つ事を我々の考えも及ばないステージで戦っている選手たちはこの騒動に巻き込んではいけません。相撲協会騒動の時の力士を巻き込んではいけなかったように。つまり現在もクールダウンが必要ではないでしょうか。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > 女子レスリング・パワハラ問題で気を付けなければならない「相撲協会騒動」との共通点

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する