「優先席に座ってんじゃねえ」とナイフで刺す 歪んだ正義感で暴走しても"執行猶予付き"の微罪

2018年10月30日 JR大正駅 優先席 執行猶予 大阪 暴走老人 裁判員裁判

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

osaka.jpg


 騒動の発生は今年2月、大阪市大正区のJR大阪環状線大正駅構内で電車から降りた男性(34)を、無職の男(62)がナイフで刺し負傷させた事件。
 この事件は殺人未遂罪に問われることとなり、無職の男に対する裁判員裁判が今月大阪地裁で開かれたのだが、その内容が明るみになり衝撃が走ることに。

 直接的な騒動の発端は34歳の男性が優先席に座っており、これに対し無職の男が「なに座ってんねん。足悪いんか?」と膝を小突いた点。
 その後34歳の男性は無視したまま下車したところ、髪を掴まれるなどしたため応戦したところ、ナイフで刺されたという寸法だ。

 無職の男はこのまま現場を立ち去っていたが、テレビニュースで事件が取り上げられていることを知り、翌日に「自分がやった」と自ら通報し逮捕された。

 無職の男は「マナー向上委員会会長」を自称しており、34歳の男性に対しては以前から割り込みやホームの立ち方などについて20回以上言いがかりをつけるなど絡んでいた様子。
 結局裁判では殺意が認められると認定され、懲役3年・執行猶予5年(求刑懲役6年)が言い渡され、150万円の支払いで示談が成立。さらに複数回絡まれていたことなどから「転居」が条件に加えられたという。

 この裁判は歪んだ正義感の行き着く先として注目が高まり、様々な声が寄せられることに。

「実際に刺しちゃったのに執行猶予はどうなんだかなあ」
「優先席みたいなトラブルの元に座るなよ」
「刺したのは悪いけど、被害者にも頭を冷やす余地はあるな」
「20回も絡むのはストーカーで、ナイフを用意して刺すのは計画的。 執行猶予にしたらダメだろ」
「俺ちょっとこの加害者の傾向があると自覚してる」
「これから高齢化が加速して 老人が増えるんだから、この手の事件は増えるんじゃないの?」

 今後の社会では同様の事件が増えることになるのではと言った不安の声も広がっている。既に歯止めが効かなくなりつつある正義感の暴走。ゆるやかにブレーキを掛けていく方法は無いのかもしれない。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > 「優先席に座ってんじゃねえ」とナイフで刺す 歪んだ正義感で暴走しても"執行猶予付き"の微罪

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する