世界よ、これが日本の通勤事情だ! 電車内でもたれかかり居眠りをする女性に男性が取った驚くべき行動

2018年10月11日 女性 居眠り 満員電車 通勤電車

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

inemuri.jpg


 SNSを媒介とした告発投稿が世間を騒がせるという事案が相次ぎ発生している。企業内の不正を告発するものや、理不尽な境遇を強いられるもの、昨今ではあおり運転やマナー違反運転を捉えたドライブレコーダー映像というものも少なくない。

 今回騒動となっているのは電車内で撮影された映像なのだが、なかなか衝撃的な映像であるため大きく拡散されている。

 投稿者の、

「もたれかかって来るのが嫌なのは分かるけど...それはあかんやろ...」

 というコメントともに添えられた動画には、電車内で疲れからか寝てしまった女性が隣の男性にもたれかかる姿が。
 そして、このもたれかかる女性を嫌気した男性がカバンの中からゴソゴソとスマートフォンを取り出し、その角で女性の頭をコツンと殴るという一連の流れが記録されていたのだ。

 この様子がタイミングよく録画されていた点について「なんで撮影してるんですか? 殴ったのが2回目なら分かりますが」との質問が飛ぶと、投稿者は「4回目です」と回答しているため、女性が複数回スマホで殴られていることが伺える。

 この一件はインターネット上でも議論の的となっている。


「盗撮は条例違反だから」
「オッサン特定して訴えれば金取れるぞ」
「けど4回も殴られてわかってない女も」
「つかずっと見てて動画まで撮る暇あったら注意はしたんだよな?」
「口頭で注意したり手で触ると痴漢扱いされるかも知れんからって理由かも知れんね」
「これが許されるなら日馬富士だってセーフだろ」
「別にケガする勢いで叩いて無いだろ」
「人にもたれ掛かって寝るな、人を叩くな、盗撮するな、全員悪人」


 なにやら全方位に対する批判の声が出されており、登場人物が全て叩かれ通報されるという騒動に発展しつつある。
 また、昨今の潮流でもある「男女対立」を牽引したい者にとっては格好の餌だったようで、「男が悪い」「女が悪い」「男女の立場が逆だったら」と対立の火種にもされている。
 結局は「外野」が騒がしくなるというSNS告発。そろそろこのような事例を考え直す必要性が出てきたのかもしれない。(文・編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > 世界よ、これが日本の通勤事情だ! 電車内でもたれかかり居眠りをする女性に男性が取った驚くべき行動

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する