2018年上半期に解散したアイドル総まとめ 『アイドル戦国時代』は本当に終わってしまったのか

2018年07月02日 2018年上半期 アイドル アイドル戦国時代 総まとめ 解散

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

Dorothy Little Happy「STARTING OVER」.jpgDorothy Little Happy「STARTING OVER」より


 2018年も6ヶ月が過ぎました。2010年代初頭から始まったアイドルブームも、数年前から終焉に近づきつつあると言われてきましたが、今年に入りグループの解散が相次いでいます。そこで今年上半期に解散した、あるいは解散を発表したアイドルをリストアップし、振り返ろうと思います。

水戸ご当地アイドル(仮)
1月14日解散
茨城県水戸市を拠点として活動するローカルアイドル。2012年結成。2013年、ご当地アイドルNo.1決定戦「U.M.U AWARD 2013」優勝。メンバーがセクハラ被害を訴え、話題に。

アイドルネッサンス(ソニー・ミュージックアーティスツ)
2月24日解散
2014年、SMAが設立40年目にして立ち上げた初のアイドルプロジェクト。古今の名曲を独自の歌とダンスで表現する"名曲ルネッサンス"をコンセプトに、カバーを中心に活動。

dora☆dora
3月9日解散

PARLISH
3月18日解散

ぷちぱすぽ(プラチナム・パスポート)
3月21日解散
「2020年東京五輪に向けて走り出した五人のスポーツ応援集団」がコンセプトで、スポーツをテーマにした楽曲を展開。PASSPO☆のプロデュースグループとして、2015年にお披露目。

La PomPon(ビーイング)
3月24日解散
六本木発ガールズグループ。2年間のレッスン生活を経て、2014年から活動開始。2015年、メジャーデビュー。テレビアニメ「名探偵コナン」のテーマ曲を2期連続で担当。

GEM(エイベックス・マネジメント)
3月31日解散
エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」の第3弾グループとして、2013年結成。一部メンバーの専属契約違反となる行為が発覚し、昨年12月から無期限活動休止。

Flower Notes
3月31日解散

GIRLS4EVER
4月1日解散

新生おやゆびプリンセス
4月1日解散

ユイガドクソン
4月8日解散

Cupitron(芸映)
4月30日解散※活動終了
テクノポップアイドル。2017年に活動を一時休止。再開時、結成からプロデューサーを務めていたトベタ・バジュンが離脱。ユニット名、コンセプトを変更し、再始動予定。

スマイル海賊団
4月30日解散

on and Go!
5月5日解散

AnimalBeast
6月2日解散

カプ式会社ハイパーモチベーション
6月16日解散

PREDIANNA
6月30日解散
愛知県名古屋市を拠点として活動するローカルアイドル。「Premium」のPreを冠した「高級感のある上質なパフォーマンスを見せる」ユニットとして、2015年結成。

RECOJO
7月7日解散予定

KAGUYA
7月21日解散予定

Cheeky Parade(エイベックス・マネジメント)
7月31日解散予定
エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」の第2弾グループとして、2012年結成。2013年メジャーデビュー。2016年から、メンバー2人が米国ロサンゼルス留学。

MAPLEZ
7月29日解散予定
広島県広島市にあったアイドル劇場「STUDIO MAPLE」に所属しているメンバーにより、2013年に「ひろしまMAPLE★S 」名義で結成。2017年より新体制に。

チャオベッラチンクエッティ(アップフロントクリエイト)
8月2日解散予定
2006年、「THE ポッシボー」名義でハロプロエッグのメンバーから結成。その後ハロプロから離脱し、2008年メジャーデビュー。2014年、中野サンプラザ単独公演開催。

PASSPO☆(プラチナム・パスポート)
9月22日解散予定
「空」と「旅」をコンセプトにしたガールズロックグループ。2009年、活動開始。メジャーデビューシングル「少女飛行」は、女性グループ史上初の初登場オリコン首位を獲得。

Dorothy Little Happy
12月解散予定※ソロユニットからメンバー卒業
宮城県仙台市を拠点として活動するローカルアイドル。2010年、5人で結成。2011年、「デモサヨナラ」でメジャーデビュー。2017年から髙橋麻里のソロユニットとして活動。

東京CLEAR'S
年内解散予定


 これらのグループをチェックしてみると、大手芸能事務所に所属している中堅アイドルの解散が続いていることが分かります。

 大手芸能事務所所属のアイドルは、マネージャーや営業など関わるスタッフの数も多く、その分人件費も掛かります。さらにCDのリリース等のタイミングで宣伝費もかさみます。しかし、アイドルブームが下降気味になり、経費に見合った売上や集客が立たず、回収出来ていないケースが増えてきているようです。インディーズバンドのような形態の地下アイドルに比べ、大手芸能事務所はビジネスでやっている以上、その判断はよりシビアなものになります。

 ブームに乗って雨後の筍のように生まれたグループが、ここに来て正念場を迎えています。中堅アイドルの解散は、今年の下半期も続きそうな予感です。(取材・文◎杏)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > 2018年上半期に解散したアイドル総まとめ 『アイドル戦国時代』は本当に終わってしまったのか

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する