秋到来! 秋といえばやっぱり糖度が高くてホックホクの......かき氷ですよね!|ビバ★ヒルメシッ!

2018年09月21日 おくはらしおり かき氷 ビバ★ヒルメシッ! 昼飯

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

 先日、人生で初めての夏休み(5日間)を取得し一気にリフレッシュをして日本に帰ってきたら秋が訪れていて台湾で買った洋服が一度も着られずに来年に持ち越しだな、と堕落している今日この頃。みなさんは今年の夏、思いっきりエンジョイできましたか?

 夏といえば、やっぱり"かき氷"ですよね? 食べましたか?

 今年の春頃に2店舗(氷屋ぴぃすさん、厨菓子くろぎさん)を紹介したのですが、ご賞味いただけたでしょうか? 他のWEBメディアでもご紹介した店舗は特集されており、同じ氷活仲間(かき氷が人生の中心な友達)いわく、夏は某夢の国級の待ち時間!!! かき氷一杯の為に炎天下の中3時間待機。列に並んでひたすら待ち続けお目当ての氷を食べたんだそうです......(本当にストイック。わたしは絶対に肌を焼きたくないし、かき氷一杯で3時間も待てないので夏の間は行かない主義)。

 台湾でも、もちろんかき氷はマストで食べましたが、やっぱり久しぶりに食べると欲って強くなってしまうもので......日本に帰ってきてから涼しいし、「かき氷しか食べたくない! 欲」が復活!!!
 早速、仕事前に約半年振りに大好きなお店を3店舗巡礼してきましたので、この秋からおすすめしたい店舗をご紹介。

 笹塚駅を降りて10号通り商店街を真っ直ぐ歩いて行くと、

001.jpg

 左側に出てくる「神戸みなと屋」さん。


002.jpg


 みなと屋さんは通年(1年中)旬の食材を使用したかき氷も提供しているのですが、かき氷屋さんではなく、たこ焼きと明石焼の美味しいお店なんです(元々あばれる君さんもアルバイトをしていたり、テレビにも多数紹介されている有名店)。

 お店に入ると入り口のところにはキレイに磨かれている鉄板にとろ~りとした生地を焼いていて......もうこの時点でお腹がぐうぐうしちゃうんですよね。


003.jpg


 いつも店主さんとお二人で温かく元気に迎えてくれる人情溢れるお店。店内には某海賊団のフィギュアがズラ~リと並んでいるので待っている間は眺めているもの良いかと思います(笑)。

 約半年振りの訪問にもかかわらず、「お! 久しぶりだね。今日はどうする?」と(涙)。
 毎日通っていたわけでもないのに! 毎回会話をしていたわけでもないのに! 誰かと間違えているのでは? と思っていたのですが「食べるの早くて、顎にピアス空いてるのは君くらいだからね~!」って。......顎にピアス空けてて本当に良かったー!!!(笑)

 と、そんな会話はさて置き、今回はこの秋にぴったりなかき氷2種類を紹介!

 まずは、9月から提供を始めた"和栗ミルク"。


005.jpg


 濃厚な和栗を楽しめる見た目はもったりしているのに口溶けはサッパリとしていて......なのに栗の味がしっかりと味わえるんです。
 もう、一口食べただけで心の底から"幸せ~♡!"の声が自然と溢れてきちゃう。

 そして、秋にはぴったりな"一球入魂"を紹介!
 学生時代にテニス部だったわたしは完全に"コートでは~誰でも~ひとりひとりきり~♪"が脳内自動再生しちゃうんですが......。

 みなと屋さんでの"一球入魂"はこちら!!!


006.jpg


 青森県産の"一球入魂"という名前のかぼちゃを使用したかき氷。

 寒い地方だからこその生産方法で、メロンを作るときのように甘味を集中されるために、小さく成熟しない実を早い段階で切り落とし、1個をしっかりと大きく育てるため中はホックホクで糖度を強く感じるかぼちゃになるそうです(店主さんがいつも豆知識を教えてくれる)。

 かぼちゃのかき氷はまだまだシーズンはこれからなので継続はしますが、品種は時々により変わっていってしまうので"一球入魂"が気になる方は是非、この機会に笹塚まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

 そして、最後に......。
 かき氷で冷えた身体をみなと屋さんの名物でもあるほわほわ、とろ~っとろ、あっつあつな「たこ焼き」で締めてみてください!(写真は青のり抜き)

004.jpg


(文◎おくはらしおり@阿佐ヶ谷ロフトA / Instagram 
@okuhara.1990[かき氷とラーメンと時々カレー] / Twitter @okuhara1990

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > 秋到来! 秋といえばやっぱり糖度が高くてホックホクの......かき氷ですよね!|ビバ★ヒルメシッ!

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する