パニックどころの話ではない! 新井浩文逮捕を受けて映画・CM・DVD業界はムロツヨシにも怒り心頭

2019年02月04日 Twitter ムロツヨシ 怒り心頭 新井浩文

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

muro.jpg「調子のってんのか?」の声も...(『大恋愛〜僕を忘れる君と』 Blu-ray BOXより)


 昨年7月、マッサージ店から派遣された女性従業員を自宅で乱暴したとして逮捕された、俳優の新井浩文氏(本名、パク・キョンべ)。
 当サイトでは昨年10月、暴行の疑いがあるとして取り上げていました。事が事だけに、まして実力派の人気俳優ですからこのまま闇に葬り去られてしまうのではないかと内心ヒヤヒヤしていたのも事実。
 しかしこうして彼の野蛮な行為が公となって、罪を償う時がやってきたのです。数ヶ月もの間、心身を壊して苦しんでいた被害に遭われた女性が少しでも報われたのなら、それだけで当サイトは本望と言えます。

関連記事新井浩文容疑者が利用した「出張マッサージ店」は風俗店なのか? 「出張マッサージ店の女性」の正体とは

 残念なのは、一部人権絡みの擁護派から「こう言った類の芸能界のスキャンダルはほぼハニートラップ」だの、「レイプするような人間じゃない。冤罪に決まってる」などの声があがっていること。そうならないために、時間をかけてじっくり捜査を進め、真実を導き出してゆくのです。

 密室で起こった性犯罪の立件には時間がかかるものです。本人も大筋を認めているというのになぜこのような思考に陥るのか甚だ理解不能な上、不愉快でもあります。公開されていない映画やドラマ、過去の出演作の配信停止など、余波は多岐に渡っています。どれだけ多くの関係者が新井の事件に振り回され、迷惑を被っていると思っているのでしょうか。

「非常事態で、業界の各所がパニックになっている」と肩を落とすのは、代理店関係者。

「まず6月公開予定の草なぎ剛主演の映画『台風家族』。新井は物語の肝となる重要な役どころで出演しているので、編集をうまいことやりくりしてどうにか乗り切れるものではない。現時点では公開延期とアナウンスされてますが、最悪の事態を想定すると完全お蔵入り。どうにか資金面に目処がつけば、撮り直しになると思います。そうなると、公開は早くて一年後ですね。それから残虐な復讐代行を描いた映画『善悪のクズ』は、原作のファンが多い人気漫画。林遣都とW主演なので出演箇所が多く、編集は100%不可能。内容もクズっぷりが前面に出たものとなっていますので、新井のイメージと見事被ってしまう。対応協議中となってますが、こちらはお蔵入りとなる可能性が高い」(広告代理店関係者)

 映画制作にかかった費用と労力はもちろんのこと、出演者のスケジュール確保、これまでかかった宣伝費用などを考えると、「困惑している」どころでは済まされません。映画関係者にも話を伺ってみました。

「『善悪のクズ』は昨年12月いっぴから撮影がスタート。最近ようやく声入れが終わったところでした。新井の暴行事件についての噂は、TABLOさんの記事の影響もあって、知っている業界関係者も確かにおりました。でも、本人は現場でも至って普通、ツイッターもインスタも平常通りだったので"誤報かな"と。だけど今になって考えると、関係者はもう少し出演者に関する下調べというか裏取りをしていれば、この非常事態を避けられたかもしれない。火のないところに煙は立たないという事を改めて痛感したのではないでしょうか」(映画関係者A)

 不思議なのは、どういう精神構造で撮影現場へ赴き、またツイッターなどのSNSを平然と続けていたのかという点。元TOKIO・山口達也の時もそうでしたが、公になるまでの数ヶ月間は水面下で捜査が行われ、それに協力する形で事情聴取なども受けていました。新井も、事務所に内緒でそういった類の捜査に応じていたのではないでしょうか? 

いい加減にしろ!女性に野菜スティックを...... 山口達也が可愛く思える芸能人たちの性犯罪 2018

「だとすれば、非常に腹立たしいことで、バレない自信でもあったのでしょうか? 同業者を冒涜しているし、何もかも信じられません」と、憤りを隠せないのは、また別の映画関係者。

「事件が明るみとなってマスコミ全体がてんやわんやしてる最中、新井の親友で俳優のムロツヨシが応援とも取れるメッセージをツイッターに投稿しましたよね。ちょっと売れたからって調子に乗ってるんじゃないでしょうか。匂わせ投稿して悦に入るぐらいなら、書かない方がいい。LINEのグループ内で仲間内と好きなだけ話せばいい。事件を甘くみていますよ、彼は。いじってはいけない案件というものがあるし、火に油を注ぐような真似をして何が楽しいのか。友達ならもっと早く異変に気付くなり、叱るなり出来たはずです。新井の女グセの悪さは以前から有名だったし、彼も知っていたはずです。同じ穴の狢と言われてもしょうがないですよ」(映画関係者B)

 新井の親友といえばもう一人、松田龍平。撮影のない日は連日つるむほどで、ムロ同様、新井の悪評は松田の耳にも入っていたはず。今のところ彼はだんまりを決め込んでますが、今後のどのような発言をするか注目が集まっています。

「ここまで非道な性犯罪ともなると、まず新井の芸能界復帰はありえない。所属事務所も4日付で解雇通達を出すと聞いてますので、何年か後にどこかの事務所が拾うか、あるいは個人事務所を立ち上げるかしないと、天性とも言える演技での道はもう歩めません。新井は同年代の同業者からやたら評判が良く、性格がいいことで知られていました。しかしその反面、スタッフをバカにするような扱いをしたり、話しかけても平然と無視するなど、"見た目のまんま"の意地悪さもあったということで、敵もそれなりにいた。バチが当たったといえばそれまでですが、彼のような独特な冷たい演技ができる役者は少ないので、非常に勿体無いと思うと同時に、みんなに迷惑かけやがってバカヤロウとぶん殴ってやりたい」(プライベートで親交のあった役者仲間)

 映画、CM、DVD販売、過去に出演した作品の動画配信サービスの停止など、違約金は「2億円を上回る可能性」もあるとのこと。また、新井と過去に交際が報じられた、独身の二階堂ふみ。そして現在進行形で熱愛中とされる女優・夏帆、この二人への皺寄せや影響も、今後の芸能活動に響いてくるのではという見方もあります。二階堂に関しては「結婚秒読みだったもののすでに終わってること」なので全く問題はないのですが、夏帆についてはしばらく風評被害が付きまとうかもしれません。

 無責任男が出した最悪の結末。塀の中で猛省してほしい。(取材・文◎那目鯛子)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 芸能界 > パニックどころの話ではない! 新井浩文逮捕を受けて映画・CM・DVD業界はムロツヨシにも怒り心頭

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する