ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか

原田宗典、覚せい剤所持で逮捕 『ほぼ日刊 吉田豪』連載41

2013年09月09日 Gackt 原田宗典 吉田豪 覚せい剤

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

sumeru.jpg

 作家・原田宗典、覚醒剤所持で逮捕。躁鬱らしいからアッパーになりたかったのかなあとか思っちゃうわけですけど、そこでふと思い出したのがGacktの自伝『自白』(光文社)に書かれていたエピソード。窓も蛍光灯もない真っ暗な家に住み、寝室に滝があることで知られるGacktが、「今度の家には、書庫がある」「本はものすごい数、持っている。ジャンルは問わない。字が書いてあれば、何でもいい」と読書家ぶりをアピールした後で、こんなことを言い出すのだ。「10年ぐらい前、僕が今まででいちばんウケて、感動した本があった。その名は『スメル男』。古い小説で、内容はある日突然、自分の体からにおいが出始めて、だんだんきつくなる話だ。展開が面白くて、今でもあれば、何度も読み直すと思う。もう、今はその本を手に入れるのは難しいと思うが」と、なぜか著者名も出さず原田宗典を大絶賛。かなり売れたから入手は簡単なはずなんですが、こう書かれてから10年が経ち、Gacktが義援金詐欺だのレイプ疑惑だの黒い交際だの逮捕間近だのでマスコミから攻撃されるようになり、原田宗典が覚醒剤で逮捕されるようになるとは......。ちなみにレイプ疑惑を報じたのは、Gackt自伝の版元でもある光文社の『FLASH』でした。



【注目記事】佐々木健介の元弟子が暴行を告発『ほぼ日刊 吉田豪』



Written by 吉田豪

Photo by スメル男(講談社文庫)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

スメル男

すぐ入手できますが...

amazon_associate_logo.jpg

TABLO トップ > 連載 > 原田宗典、覚せい剤所持で逮捕 『ほぼ日刊 吉田豪』連載41

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する