【BTCで940億円所持!?】世界経済をムチャクチャにする"ダーク・ウェブ"犯罪組織幹部がついに逮捕!【なぜ報じない日本マスコミ】

2018年02月14日 

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

darkweb.jpgダーク・ウェブ幹部逮捕を報じる現地・タイの新聞Khaosodより


タイ・バンコクの日本人も多く居住する地区で2月9日、特殊部隊による大捕物がありました。身柄を拘束されたのは国際サイバー犯罪組織幹部だったと新聞KhaosodやDailynewsが報じています。

特殊部隊が乗り込んだのはバンコク都内スクンビット通りソイ56のコンドミニアム。逮捕されたロシア人男性セルゲイ・メドヴェーデフ容疑者(31)は国際サイバー犯罪組織「インフラウド」幹部で、同時に電子機器29件が証拠として押収されました。

昨年末以来、アメリカ国土安全保障省(DHS)管轄下の組織. 国土安全保障調査部(HSI)からの協力要請に従ってタイ国家警察局が捜査を進めてきましたが、1月末に足取りが掴めたため今回の逮捕劇となりました。

「インフラウド」はネット上でダーク・ウェブ(アクセスに特別なソフトや認証等が必要なサイト)を開設し、仮想通貨を使って違法製品の闇売買を行っていました。

例えば電子カード偽造装置、カード情報スキミング装置、様々な金融機関の電子カード情報、コンピューター用マルウェア、偽造旅券、偽造運転免許証、ホログラム・シールの取引や、個人情報窃盗、銀行データ窃盗、各種変造に関する知識提供、犯罪者に対する資金洗浄サポートなどで、さながら国際サイバー犯罪の総合商社といった感があります。

メドヴェーデフ容疑者はこのサイトの開設者と目されています。

世界の金融機関等に5億3千万ドルの損害を与えてきたこの組織には、世界中に10,901人の構成員が存在し、メドヴェーデフ容疑者の逮捕と組織壊滅がなければ、最大で22億ドルにも及ぶ被害拡大が懸念されていました。

今回指揮を執った中央捜査警察司令官は、「メドヴェーデフ容疑者は活動のリーダー格である重要人物だ。世界経済と一般市民に影響を与える犯罪組織で、サイバー空間に潜み、身元が判明して逮捕されないように仮想通貨を使って違法物品を売買していた。そのためアメリカHSIが "ダーク・ウェブ作戦" の遂行拠点となり世界14か国で一斉に活動家の検挙を行った」と語りました。

その後、アメリカ司法省は今回の作戦成功についてウェブサイトを通じた声明で、アメリカ合衆国司法省最大の国際犯罪組織壊滅作戦の一つとなったと述べています。

なぜかこのニュース、日本ではほとんど報道されていません。おそらく見聞きしたのは仮想通貨界隈の一部の人達だけでしょう。コインチェックのNEM流出事件があったにも関わらず日本はそれだけサイバー犯罪にまだ危機意識が足りないということなのか、それともこの組織は日本での活動がなくHSIからも日本の警察に協力要請がなかったからなのか定かではありませんが、もっと大きく報道されてしかるべき事件です。


取材・文◎赤熊賢

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ >  > 【BTCで940億円所持!?】世界経済をムチャクチャにする"ダーク・ウェブ"犯罪組織幹部がついに逮捕!【なぜ報じない日本マスコミ】

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する