高円寺駅前は大混乱に 杉田水脈議員を応援に呼んで後悔した?区議候補 レイプを「枕営業」と笑う感性の人をなぜ呼んだ

4月16日の高円寺駅前。(ツイッターより)
4月16日の高円寺駅前。(ツイッターより)

何でこの人を、またよりによって高円寺という、どちらかというとリベラル層が強い地域(杉並区がという意味ではありません)に呼んでしまったのか。松浦たけあき杉並区議立候補者。4月16日の高円寺駅前は大混乱だったもようです。ツイッター上では「会いに行ける杉田水脈」が一時トレンド上位に。松浦候補が応援に呼んだのは数々の問題発言(差別と言ってよいでしょう)をしてきた杉田水脈参院議員でした。

 高円寺駅前は杉田水脈議員に対する抗議する人でごった返していたようです。「帰れ」コールで松浦候補の存在はかき消され、警察が大量導入され、結局応援でなく混乱を招いただけのように見えます。「帰れコール」をするであろう人を呼んだことに、この候補の想像力の無さが見受けられます。

 杉田議員に抗議した人に「全文読みましたか?」と議員は返していましたが、本サイトは当然自費で「新潮45」を購入し、全文読んでいます。あれはダメです。論文にもなっていませんがLGBTの差別だけでなく、元々「何か」を差別している人なのだろうなとは感づきます。