神社庁によると、日本には8万8千を超える神社があるとされています。 しかし、神社庁ができる前から神道は存在していますし、もっと言うと神道という「宗教」としての輪郭ができる前から、神道的な信仰は日本各地 ...

「ミイラ」というとエジプトに伝わるクフ王のミイラを思い浮かべるかたが多いかもしれません。それは遠い外国の遠い昔の、どこか絵空事のように感じているかたもいるでしょう。 しかし実は、日本にも「即身仏」とよ ...

突然ですが、私たちは全員死んだ後に地獄に落ちることが決定しています。私もあなたもです。「私は悪いこともせず正直に生きてきた」とおっしゃる方がいるかもしれません。しかし、仏教で「五戒」と言われる犯しては ...

「通りもん」や「めんべい」にも勝るとも劣らないほどに有名な博多銘菓「博多の女(ひと)」。福岡出身や在住の方はもちろんどなたもご存知で、そうでなくても出張や旅行で福岡空港や博多駅で見かけた方も多いだろう ...

科学が発達して、合理主義が私たちの遺伝子にまではいりこんだような現代。「死の世界」を考えることは、無意味だとされオカルト趣味と忌避されます。けれども死の世界を考えないと生の世界は豊かになりません。 参 ...

私が珍スポットに出かけるようになったのは、2006年ごろのこと。 当初は時間のあるときに、たまに出かけている程度。そんな中で埼玉県東松山市に「神秘珍珍ニコニコ園」なるスポットがあることを知りました。田 ...

秘湯と言われていた山梨県の「ほったらかし温泉」は、その絶景がSNSで拡散されたことも手伝って、年間45万人以上が訪れる一大人気スポットになりました。 多くの人が温泉の楽しみを体験できることは素晴らしい ...

バブル期に、全国の観光地や温泉地を中心に数多く作られた秘宝館。 現在は斜陽の一途を辿り、数えるほどしか残っていないばかりか、現役の秘宝館もお世辞にも賑わっているとはいえない状況が続いており、絶滅してし ...

今回は「平将門の呪い」に関するスポットです。本題の前に、東京大手町にある「将門塚」についてお話しします。 承平天慶の乱で敗れた平将門は、その首を京都で晒されました。しかし、体を探して東の方角へ飛び去っ ...

2016年に熊本を襲った震災から4月14日で3年が経とうとしています。震度7クラスの揺れに何日にもに渡って襲われた熊本では、3000人近くのけが人と267人もの死者がでて、最大18万人以上の方々が避難 ...

平成31年4月1日午前、新元号「令和」が発表された。ネット上でもさまざまな感想や意見が飛び交ったが、往々にして違和感を持ちながらも好意的な反応が多かったように思う。元号を選定した有識者や政府がどういっ ...

カレーブームが謳われて久しい昨今、群雄割拠するカレー店のなかで生き残っていることから、ハズレの店はとても少ないと言えます。しかし、今回ご紹介するのは、通りがかりにフラっと入ることは不可能なお店です。 ...

今回の珍スポットはとある資料館なのですが、隣にある珍しい物好きの方にはお馴染みの建築から紹介します。Time誌の「世界でもっとも危険な建物Top10」に、日本から選出された建築。  見るからに危険そう ...

新宿まで20分という便利さから、ファミリー層に人気で一戸建てが立ち並ぶ、京王線つつじヶ丘駅の周辺。静かな住宅街に武者小路実篤の旧邸などの見所もあるこの街に、一軒のお寺があります。 ▲常楽院  今回は、 ...

店主が盗撮の罪で判決を受け閉鎖された銭湯が再開。その番台には判決を受けた店主の姿がありました。犯行現場で犯人に料金を支払い入浴する銭湯。地元の人の応援で支持される銭湯とはどんな場所なのでしょうか。

大勢の観光客で賑わう古都京都。その陰に潜む隠れ家とも呼べない魔窟的居酒屋にMr.tsubakingが挑む。その居酒屋の風貌とは裏腹に、意外な美食が存在していた。

今年最後のどうした!?ウォーカーは、いま話題の隠れキリシタンについて。世界遺産とは言え、遠いからな〜〜と思われてるあなたに都心から気軽に行ける距離にも隠れキリシタンの遺作が見られる場所をご紹介いたしま ...

蒲田では毎年催される「冬の訪れを告げる祭」ですが、実は蒲田以外では全く知られていません。新興宗教が行列を作り蒲田中を練り歩くこの奇祭をウォッチいたしました!

毎回「珍」なスポットに出かけるこのコーナーですが、今回はなんとも言えない雰囲気の床屋さんが登場。一度も行ったことはないのに、なぜか泣きそうになってしまうのはナゼでしょうか?

毎回、誰も知らない恐ろしい場所を教えてくれるこのコーナー。今回は、あの住みたい街ランキングでいつも上位にいる住宅街にひっそりとたたずみスピリチュアル喫茶店です。

え......!? どう見ても宗教施設なんスけど!? でも違うようです。今回のMr.tsubakingは、とある盆地へ出かけています。しかし、日本ってまだまだ知らない場所がたくさんありますね。

Mr.tsubaking氏、今回もまた微妙に遠いところに出かけています。一人探偵ナイトスクープこと「どうした!?ウォーカー」19回目はでっかーーーい夢のある場所!

なんだかよく分からないものは否定する......という風潮が強い昨今ですが、本サイト随一の珍スポット探検家が今回は「刺青」に関する小旅行を敢行してきてくれました。

こんなにも素晴らしいデザインが、もう「2つ前の時代」のものになろうとしています。画一的な住宅に住む我々は、今後一体どこで「非日常」を味わえば良いのでしょうか。