NGT48・山口真帆騒動の全真相 あの日なにが起きたのか なぜ警察は容疑者を解放したのか

yamaguchima.jpg山口真帆公式ツイッターより

NGT48、山口真帆さん暴行騒動の解決に向けて、第三者委員会が設置されました。三人の弁護士による、「いわゆるAKSとは因果関係がない、本来の意味での第三者委員会」(関係者)とのことです。

SHOWROOMで山口真帆さんが暴行被害の告白をしました。そこから端を欲したこの騒動。警察が暴行容疑者を逮捕し、その後、悪質性はないと見て釈放。しかし、この客観的事実を鑑みず、ワイドショーの台本に流されたのか、あるいはMCの強引な「振り」に同意したのか、どう見てもバランスを欠いたコメントをしたコメンテーターを本サイトでピックアップしました。これでもし名前が挙がったメンバーが「無実」だとしたらどうするのか、という意味も込めてです。

こちらの記事NGT48山口真帆さん騒動 不確かな情報で炎上に手を貸してしまった迂闊なワイドショー司会者発言集

最も論じなければならないことは「真実はどこにあるのか」です。警察の捜査をナメてはいけません。確かに時々、妙な逮捕をする時もあります。しかし、警察は特に最近は「アイドルへの暴行事件については厳しく取り締まっています」(現役・警部補)といういわば、内規のようなものが出ているようです。ですから今回の騒動も、慎重に捜査をしたと思われます。

2月に入ってから山口真帆さんは自分のツイッターから、NGT48の名前を消しました。そして、第三者委員会に批判するツイートをリツイートします。これは運営に対する無言の抗議と見てとられています。

ところで、ネットで騒いでいる人はNGT48を潰したいのでしょうか、NGT48を応援しているのでしょうか。どちらなのでしょうか。騒いだ結果、傷つくのは山口真帆さんであり、また名前を挙げられたメンバーです。煽って楽しんでいる人たちは冷静になるべきです。

本サイトは、取材して現時点で分かっている「問題の夜」をリポートしてみます。

関連記事NGT48山口真帆さん騒動 フェイクニュース「女子マネがアイドルハンターからアイドルを守って退社」の嘘

これが本サイトが調べた全真相:あの夜に何が起きたのか