主婦はなぜ怒っているのか 女性官能小説家が東出昌大の不倫を「ワンオペ育児の苦労を知っているの?」


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

その原因としては、東出さんの妻である女優の杏さんが女性に人気がある一方で、不倫のお相手の唐田さんが女性ウケしないタイプだったことや、“匂わせインスタ”を始めとする不倫ラリ期のお手本のような唐田さんの言動、東出さんのイクメンイメージや爽やかな朝ドラ俳優として好感を持っていた世の妻たちが「裏切られた!」と感じたことなど、様々な要素があると思うのですが、なんといっても子持ちの女性たちの怒りを買うことになった一番の原因は、

「ふたりの不倫が杏さんの妊娠中に始まり、産後の杏さんが双子と年子、合わせて3人の子供の世話と家事とを、ワンオペでこなしている最中、3年にも渡って関係を続けてきた」

と報じられたことではないでしょうか。


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

総務省の「社会生活基本調査」(2016年)によると、日本の6歳未満の子供を持つ夫の家事・育児関連時間は1日当たり1時間23分で、先進国中最低の水準です。

対して妻は7時間34分。妻のほうが5倍以上も家事育児に時間を割いている実情があります。子供が乳児の間は、さらに育児の負担が大きくなるのは当然ですし、一方で男性の育休取得率は6%にも満たないわけで、ようするに、多くの子持ちの女性は、ワンオペで家事や育児をするつらさを、身を持って知っています。

 

参考記事:東出昌大と不倫の女優・唐田えりかの「匂わせ」が女性たちの逆鱗に触れる しかし二宮和也妻や木下優樹菜を超える強敵かも | TABLO


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】