アカデミー賞4冠の『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督 横でスピーチしていた女性って誰? 実は韓国文化界で多大な影響力を持つ人物だった!


【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

監督や出演者など関係者らが登壇し、一通りスピーチが終わったため舞台から降りかけたところで司会者に即され、女性がスピーチをはじめた。

女性の名前はイ・ミギョン。同映画の配給と制作を手がけた会社を傘下に置く、CJグループの副会長だ。

彼女はサムスン創業者の孫で、CJグループでは会長を務める実弟に次ぐナンバー2の座にいるが、韓国文化界では多大な影響力を持っている。保守政権下で「左派より」として圧力を受け、ハワイに移住している。


【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

 

参考記事:渡辺謙、真田広之、赤西仁…だけではなかった 日本で8年間、役者として日の目を見なかった俳優がアメリカへ渡り成功|前編 | TABLO

 

彼女はかねてから韓国文化の世界進出のためには投資と労力を惜しまず、特に韓国映画のアカデミー賞受賞は悲願だったとされている。


【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

実際、かつてハリウッド向けに製作された同じポン・ジュノ監督による映画「スノーピアサー」の制作費約44億円も全額、CJグループが出資している。

アカデミー賞という野望を果たした、イ・ミギョン副会長の次なるステップが期待される。(文◎李ソヨン)