「むしゃくしゃしてやった」 犯罪を犯した者が語るこの動機の裏には一体どんな心の葛藤があったのか 社会に叩きのめされた放火魔裁判

画像はイメージです

【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

 

「むしゃくしゃしてやった」

それが石崎学(仮名、裁判当時46歳)がゴミ集積所のネットにライターで火をつけた理由でした。


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

幸い火はすぐに消し止められ怪我人も出ませんでしたが、最も火勢が強かった時には炎の高さは1メートルを越えていました。近くには民家もありました。もし家に燃え移っていれば…大きな被害が出ていた可能性もあります。

 

関連記事:首里城炎上が表紙となった写真集発売で物議 発売一ヶ月で1万部超えでも「わざわざ燃えてる写真使うとはどういう神経だ!」 | TABLO