人間と編集者の狭間で…元少年Aの『絶歌』を読んで思ったこと|久田将義コラム