「BLACKザ・タブー」突然の休刊、連載陣のひとりとして|久田将義コラム