【新国立競技場】白紙となってからの関係者の振る舞いに注目|プチ鹿島の『余計な下世話!』

0623shinkokuritu.jpg

《果たして「森喜朗競技場」は今の計画のまま2019年のラグビーワールドカップに間に合うのか。私は浅田真央にならって「ハーフハーフ」と予想しておきたい。》

昨年6月に当コラムで書いた文章の締めである。

※参考記事:本番に間に合うのか!? W杯ブラジルより心配な新国立競技場…プチ鹿島の『余計な下世話!』

森喜朗の悲願は崩れた。ハーフハーフどころではなかった。「白紙」となってからの各人の振る舞いをチェックしておくと面白い。正直な気分が伝わってくるからだ。

今、森喜朗(東京五輪組織委員長)と舛添要一(都知事)からサンドバッグ状態なのが下村文科相である。集中砲火を浴びている。まず森喜朗はこんな具合。

「責任は文科省にある。つまり文科相。」(7月18日放送・BS朝日「激論!クロスファイア」)

「極めて非礼、不愉快だ」「僕から言っておく」森氏が激怒 下村文科相が五輪会合を途中退席(産経新聞7月22日 )

せっかく自分が大きな土産(ラグビーW杯&東京五輪)を勝ち取ってきて「新国立建て直し」が勢いづいたのに、任せておいたらいつの間にか白紙になってしまった。人たらし術だけは天下一品の社長(文教族のドン)が、仕事のできない部下(文科省)を叱る感じか。

これに負けていないのが舛添要一である。そもそも舛添とは何か。私は「元祖ガヤ芸人」だと思っている。私が初めてマスゾエを見たのは80年代後半の「朝まで生テレビ」だった。いい大人たちが人の話を聞いていない。自分の主張ばかりする。そのうち怒鳴り合いが始まる。「いったんCM」(司会・田原総一朗)。そんな現場でマズゾエは大島渚、野坂昭如、西部邁など海千山千の論客に混じり、若手ながら目立っていた。遠くの席からでも論戦に割って入る戦闘能力は「ガヤ芸人」そのものだった。

見る側にとっては、都知事とか大臣の座にいるより、目を見開きながら時には意地悪としか思えないツッコミをネチネチ言うひな壇のマスゾエこそ「我々の知っている舛添」なのである。

マスゾエは、テレビ文化人出身ならではの特性を生かし、5月18日の下村文科相との会談はマスコミ全公開にした。その際、「都がなぜ500億も払うのか」などツッコんでみせた。ガヤ芸人の久しぶりの本領発揮である。

しかし、クマのプーさん(森喜朗)がやってきてハチミツをわたされて説得された。今、マスゾエが怒り狂っているのは自分が了承したのに、そのあと全てひっくり返されて恥をかかされた怒りも大きいはずだ。それは森喜朗も同じ。その怒りのホコ先が下村文科相に集中している。

逆にいえば、下村氏は現在最高のイジられキャラである。イジられすぎて、たまに開き直ってぶっちゃけて面白くなってしまうタイプもいるけど、果たして下村文科相の「タレント性」はどれほどのものなのか。

今後の観戦ポイントのひとつである。

Written by プチ鹿島

Photo by  JAPAN SPORT COUNCILホームページより

kasimaph.jpg

プチ鹿島●時事芸人。オフィス北野所属。◆TBSラジオ「東京ポッド許可局」◆TBSラジオ「荒川強啓ディ・キャッチ!」◆YBSラジオ「はみだし しゃべくりラジオキックス」◆NHKラジオ第一「午後のまりやーじゅ」◆書籍「うそ社説 2~時事芸人~」◆WEB本の雑誌メルマガ ◆連載コラム「宝島」「東スポWeb」「KAMINOGE」「映画野郎」「CIRCUS MAX 」

※プチ鹿島の『余計な下世話!』バックナンバーはこちら

東京を変える、日本が変わる

元祖ガヤ芸人。

amazon_associate_logo.jpg