「平昌五輪」に対する日本の立ち位置を考えてみた|青木理・連載『逆張りの思想』第三回