ポイント還元は分かりにくい! イマイチPayPayに手が出せない人に「即時割引」の決済サービスがあった!

ステマじゃないからね! 勝手に調べて書いてるだけなの!

2月12日からPayPayの第2弾となる「100億円還元キャンペーン」がスタートしました(5月31日まで)。初回キャンペーンはあまりの人気でわずか10日の早期終了となったこともあり、それを逃した利用者にとっては待望のキャンペーン再来というところでしょう。

関連記事PayPayがキャッシュバックを軒並み取り消し! 「犯罪でもないのにふざけるな!」と転売ヤー

そんななかで「PayPayの一人勝ちは許さないぞ」とばかりに、LINE Payが2月12日から「20%還元キャンペーン」をかぶせてきました(2月21日まで)。しかし、対象店がファミリーマート限定で、正直なところ「うーん」と首をひねる感じ。だって、PayPayだってファミマで使えるよ!?

一応、「1回の還元額が1000円相当」というPayPayに対して、LINE Payは「期間中の利用額合計に対して最大2000円相当の還元」(※対象はコード払いのみ。カード支払いやQUICPay+支払いは対象外)と差をつけています。
そのほか、20%還元にプラスして通常のポイント還元制度「マイカラー」分も適用されるのですが、それでもPayPayのキャンペーン内容からすると、ちょっとインパクトに欠ける印象です。

また、大手の一角である楽天ペイも、キャンペーンこそ行っていますが、しょぼいというのが正直なところ。2月1日~3月1日まで、エントリー者を対象に10%のポイントバックを実施しているのですが、対象となるお店が「大丸 福岡天神店」「アインズ&トルペ」「アインズ」「LIPS and HIPS」「ドラッグイレブン」の5つだけなんです。あくまで筆者個人に限ってのことですが、正直使いどころがありません。

関連記事PayPay経由でクレカが不正利用された! これはハッキングなのか、それともフェイクニュースか?

これはPayPayの〝一人勝ち〟と思っていたのですが、中小のスマホ決済サービスで頑張っているところを見つけました。それがOrigami Pay(オリガミペイ)です。

このオリガミペイでもキャンペーンを開催していて、2019年2月13日~19日まで、同サービスの支払いでケンタッキーフライドチキンでの利用が50%OFF(※)。ポイント還元ではなく、支払額が半額になるのがポイントです。

(※)[対象店舗]東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、奈良のOrigami Pay導入店舗115店
[条件]税込500円以上の支払い。最大割引金額は1000円まで。税込2000円までの場合は半額、それを超える場合は割引額1000円適用

また、この半額キャンペーンはシリーズ化されていて、ケンタッキーフライドチキンは第3弾なんです。初回は牛丼の「吉野家」、2回目は食料品チェーンの「DEAN & DELUCA」で、第4弾、第5段と続いていく予定。結構、みんなが使いそうなお店がセレクトされているので、今後も期待できそうですね。

また、オリガミペイは多くのスマホ決済サービスと異なり、ポイント還元ではなく支払額からの即時割引が基本。同サービスを導入している対象店舗で「2%」が割引されます(対象条件あり。一部、対象外の店舗あり)。話題のPayPayはキャンペーン以外だと還元率「0.5%」なので、こちらの方がずいぶんお得な割引率と言えるでしょう。

個人的にポイント付与よりも現金割引を好む筆者としては、ケンタッキーや吉野家、LOFTなどのメジャーなお店もそこそこ対象になっていることもあり、使い勝手のよいサービスだと思っています(あくまでオリガミペイ導入かつ割引対象店で、全店舗ではありませんが)。

利用までの流れについても、アプリをダウンロードしてアカウントを作り、クレカを登録したらすぐに使えます。クレカもVisaとMasterに対応しているので(一部を除く)、サッと登録して使える人も多いではないでしょうか。

今後PayPayの独走が進めば、それに対抗するスマホ決済サービスも増えていくはず。逐次投入されるキャンペーンや独自のサービス内容など、マメに比較してみるのがオススメです。(文◎百園雷太)

※この記事はオリガミペイからの案件でもステマでもありませので、
導入の際は個人の責任で行ってくださいね!