小学校校長が女児盗撮、児童の母親と肉体関係......乱れきった教師のわいせつ行為をデータで見る

2018年04月13日 わいせつ事件 データ 女児 小学校校長 教師 盗撮

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

DATA_14_hyou.JPG表(左)は文部科学省「公立学校教職員の人事行政の状況調査について」と「学校基本調査」を抜粋。表(右)は警視庁「犯罪統計」と統計局「日本の統計」からの抜粋と、同データを基に筆者が算出しています(画像はクリックすると拡大します)


 4月11日、埼玉県にある小学校の校長先生がスーパーで10代の少女を盗撮したとして逮捕されました。この校長先生は4月1日に着任したばかりで、しかも、入学式当日の犯行だったそうです。その上、靴に仕込んだカメラで盗撮していたと言いますから、もう出来心じゃないじゃんという話です。また、同じ日に東京都の小学校校長が児童の母親と4年にも及ぶ性的関係を続けたとして懲戒免職処分を受けています。
 これら教員の性的な事件のニュースを耳にするたび、「またか...」と感じている人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、教員の性犯罪に関係するデータをリサーチしてみました。

 まず、左側の表は文部科学省「公立学校教職員の人事行政の状況調査について」の「わいせつ行為等に係る懲戒処分等の状況」というデータから抜粋した数値です。
 ここで定義されている「わいせつ行為等」とは強姦や強制わいせつ、痴漢やのぞきなどの一般的な性犯罪とセクシャル・ハラスメントを含めたもの。
 また、「懲戒処分」については免職・停職・減給・戒告と副告等を受けた全国の総数となっています。
 全体比率の算出については、文部科学省「学校基本調査」から「小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校」の在職者数を合計した数値を利用しました。


shougakusei.jpg


 データを見ると、平成23年の170件から年々増加していて、平成28年では年間で226件のわいせつ行為等による処分が実行されています。約98万人の在職者のなかで226件という数値が多いのか、少ないのかは判断に迷うところですが、被害を受けた子どもや親にしてみれば、数の問題ではないというところでしょう。

 また、参考として警視庁の「犯罪統計」から日本全国の「わいせつ事件」の認知件数についても調べてみました。全体比率は、統計局「日本の統計」の「人口の推移と将来人口」というデータの「15~64歳の人口(生産年齢人口)」を基に算出していますが、こちらの全体比率は教員と違って平成23年からほぼ横ばいという状況でした。

 教員にとって、性犯罪は一般人に比べてリスクが高いはず。それなのに増加しているという現実はいかがなものでしょうか。「教師も人間」という論調は確かに真実だと思いますが、きちんと自制している教師もたくさんいることを考えれば、それをもって免罪符にはなりませんよね。(取材・文◎百園雷太)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > 小学校校長が女児盗撮、児童の母親と肉体関係......乱れきった教師のわいせつ行為をデータで見る

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する